Blog

jinnsei2 jico


学びて然(しか)る後に足らざるを知り、

教えて然る後に困(くる)しむを知る
ー学然後知不足、教然後知困ー   礼記
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」ともいわれる。五経の一つ)

 

{原文}
学然後知不足、
教然後知困。

 

{書き下し文}
学びて然る後に足らざるを知り、
教えて然る後に困(くる)しむを知る。

学然後

{意解}
「学びて然る後に足らざるを知る」
様々な事を学ぶことに因って、
はじめて自分の知識や経験が

いかに足りないかを知り、
「教えて然る後に困しむを知る」
人に教える時になってはじめて、
教えるものとしての自分の未熟さと

努力の必要度を思い知らされる。

 五経の一つ「礼記」の一文である。  

主観的ではあるが、私たちはとかく、 何か自分の身につけるときに
学問として学ぶのではなく、
知識として詰め込むほうが優先的になっているようである。

 人に教える立場で有る人は、 本来のその職種で、
有るべき姿を心と体に染み込ませ、 そのあとで、
その職種に必要な知識を身につけていけば良いのでは、と思える。

 

補足:
教育の要は人生の本来に無きものを造りて之に授るに非ず、
唯有るものを悉皆発生せしめて遺すことなきに在るのみ。
福沢諭吉『福翁百話』
人としての立ち居振る舞い、 日常生活における分別ある行動、
倫理、道徳観といったことがまず初めに有り、
学問的なことはその次であると考える。

 どんな職業に就いたとしても、 特定の資格を取得した後も
学ぶことに終わりはなく、 継続して学んでいく必要があり、
その継続の先に、 本来の生き方、人格、在り方というものが
見えてくるのではないだろうか。  

「足らざるを知る」も、「困しみを知る」ことも

自分を戒め、育てる一歩になるだろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools