Blog


jinnsei2

ookiku1


人みな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり
ー人皆知有用之用。而莫知無用之用也。ー  荘子
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

 

{原文}
孔子適楚、楚狂接輿遊其門。曰、
鳳兮鳳兮、何如德之衰也。
來世不可待、往世不可追也。
天下有道、聖人成焉。
方今之時、僅免刑焉。
福輕乎羽、莫之知載。
禍重乎地、莫之知避。
已乎已乎、臨人以德。
殆乎殆乎、畫地而趨。
迷陽迷陽、無傷吾行。
吾行郤曲、無傷吾足。
山木自寇也、膏火自煎也。
桂可食故伐之。漆可用故割之。
人皆知有用之用。而莫知無用之用也。

 

{書き下し文}
孔子楚に適(ゆ)く。楚の狂接興、その門に遊ぶ。曰く、
「鳳や鳳や、いかんぞ徳の衰えるや。
来世は待つべからず、往世は追うべからざるなり。
天下道あれば聖人成す、天下道なければ聖人生く。
今の時に方(あた)りては、わずかに刑を免れんのみ。
福(さいわい)は羽よりも軽し、これを載(あ)ぐるを知るなし。
禍(わざわい)は地よりも重し、これを避くるを知るなし。
己(や)みなんか己みなんか、人に臨むに徳をもってす。
殆(あやう)きかな殆きかな、地を畫(かく)して趨(はし)る。
迷陽(めいよう)迷陽、わが行くを傷(そこな)うことなし。
わが行は卻曲(きゃくきょく)す、わが足を傷うことなし。
山木は自ら寇(あだ)するなり、膏火(こうか)は自ら煎(つ)くるなり。
桂は食(くら)うべし、故に伐らる。漆(うるし)は用うべし、故に割(さ)かる。
人みな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり

 

無用之用

{意解}
孔子が楚の国に行ったとき、楚の狂接輿が
孔子の門のあたりをうろつきながら歌った。

「鳳凰よ鳳凰よ、何たる徳の衰えか
 未来はあてにならないし、過去は取りもどせない
 天下に道のある世なら、聖人はなすべきことをなす
 天下に道のない世では、聖人はその命を全うする
 今のようなご時世じゃあ、刑を逃れるだけ
 幸せは鳥の羽より軽いのに、誰も拾おうとしない
 災いは大地より重いのに、誰も避けようとしない
 よしなよ、よしなよ、人に徳を押しつけるのは
 あぶない、あぶない、大地を仕切って走るのは
 バカになれ、バカになれ、わが歩みこそ大切に
 遠回りせよ、わが足にけがするな
 山の木は我とわが身を損ない、灯火は我とわが身を焼きつくす。
 肉桂はなまじ食用になればこそ伐られ、漆はなまじ有用なればこそ割かれる。
 人はみな有用の用を知るが、無用の用を知るものはない

 「無用之用」とは
無用だと思われているものこそ
実は有用なのだという主張である。

 「荘子」は、有用性だけを追い求める一面的な価値観から、
「無用」なものまで視野に入れ
多面的な価値観への転換を説いているのだが、
世間の人々はなかなかそれを理解してくれないと嘆いている。

 たとえば、ふだんなにげなく交わしている挨拶である。
そんなものはなくても、いっこうに差し支えないようにも思えるが、
しかし、よく考えてみると、
それだけのことが人間関係を円滑にするのに、
ずいぶんと役立っていることに気づく。
これなども「無用之用」と言ってよいかもしれない。

 有用性だけをガツガツ追求している人間は、
どこかゆとりに欠けている。
人間としてのスケールも小さく、
将来の大成も望めないように思う。

「荘子」の言う「無用の用」を
発見することができれば、
人生に新しい展望が開けてくるかもしれない。


中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


荘子 (中国の思想)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools