Blog

jinnsei2 jico


智(ち)はなお水の如し、
流れざるときは則(すなわ)ち腐(くさ)る

ー智猶水也、不流則腐ー   宋名臣言行録
(宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの。)

 

{原文}
智猶水也、
不流則腐。

 

{書き下し文}
智(ち)はなお水の如し、
流れざるときは則(すなわ)ち腐(くさ)る。

智猶水

{意解}
自然の恵み、水を使った喩え、諺は 多い、
「上善は水の如し」・・・・理想的な生き方を水に学ぶ
「明鏡止水」・・・・静かで澄み切った心の状態
「水魚の交わり」・・・・非常に親密な友情や交際を喩(たと)えていう言葉
「覆水盆に返らず」・・・・一度したことは取り返しがつかないこと
「落花流水の情」・・・・お互いに思い合う心があること

 ここでは 流れて清く、澱んで腐敗する 「水」である。
「智」も頭脳も絶えず使っていないと 衰えて使い物にならなくなる。
宋代名臣の張詠が部下に対して言っていることばで
「大小の事、皆すべからく智を用うべし。 凡百、 智を用いずんば、
大事の際に臨みて、 いずくんぞ智の来たるあらんや」  

 常日頃から「智」頭を使っていないと
いざ必要な時に 名案など思いつかないのだと。  

必要な時に思いつかず 事が終わった後から、
ああすればよかった、 こう言えばよかった 
と 後悔することが 誰しも少なからずあるだろう。  
素晴らしい名案を思いついたところで
「愚者の後知恵」では用を足さない。
日常からの精進の大切さを教えてくれている。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools