Blog

jinnsei2 jico

苦中の苦を受けざれば、
人の上の人たること難し

ー不受苦中苦、難為人上人ー   通俗編
(通俗編:三十八巻。清の擢項の撰。日常使っている語を集めて分類し、
その出処を明示したもの。天文・地理・時序以下三十六類に分けている。)

 

{原文}
不受苦中苦、
難為人上人。

 

{書き下し文}
苦中の苦を受けざれば、
人の上の人たること難し。

受苦

 

{意解}
苦中の苦」すなわち極限状態の苦労を体験した人物でなければ、
人の上に立つ資格がないというのだ。  

そういう体験をすれば、 その体験から、
ひとの苦悩、忍苦、不遇も理解できるし、
人を見る目も練れてくる、
逆境に耐えるたくましさも身についてくる。
こういう人物は 上に立つ、云々以前の 人としての畏敬に値する。

艱難汝を玉にす」 人は困難や苦労を乗り越えることによって、
初めて立派な人間に成長する。
「苦中の苦」 「艱難汝を玉にす」 を心に抱けば
いっこうに苦にならないかもしれない。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools