Blog

jinnsei2 jico

螳螂(とうろう)の臂(ひじ)を怒(いか)らして
以って車軼(しゃてつ)に当たるが如し

ー猶螳螂之怒臂以当車軼ー   荘子
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

 

{原文}
猶螳螂之怒臂以当車軼。

 

{書き下し文}
螳螂(とうろう)の臂(ひじ)を怒(いか)らして以って車軼(しゃてつ)に当たるが如し。

 

 

 

螳螂

{意解}
螳螂(かまきり)が鎌を振り上げて 車の車輪に立ち向かっていくことで、
無謀なことのたとえとして引かれている。

「風車に立ち向かうドン・キホーテ」 「像に挑む蟻」 も同意に使われている。
「猶お蟷螂の臂を怒らして、 以て車轍に当るがごとき、
即ち必ず任に勝えざるなり。」
蟷螂が獲物を狙うときに前の両足を頭上にかざす姿が、
斧を振るうの に似ている。

 虫の世界ではその斧は大きな脅威ともなろうが、
いくら蟷螂の向う気が強くとも、これしきの斧では、 小虫以外の、
大きな相手に対してはまったく威力はない。

 即ち、「蟷螂の斧」とは、弱者が自分の分や力をわきまえないで、
ただ意気がって大敵に当ったり、 猪突猛進したりすることをいうのである。

「文選」には曹操軍の劣弱な様を諷して
「蟷螂の斧を以て隆車(大車)の隧(轍)を禦がんと欲す。」とある。

夢々、
一、自分の力量をわきまえる
一、相手の力を知る
を忘れるべきではない。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools