free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

 

くらいなきをうれえず、立つ所以ゆえんうれえよ

ー不患無位、患所以立ー   論語里仁 第四 14

(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、
不患無位、
患所以立。
不患莫己知、求爲可知也。

 

{書き下し文}
子曰く、
くらいなきをうれえず、立つ所以ゆえんうれえよ。
おのれを知ることきをうれえず、らるべきことをすをもとむ。

 

 

{意解}
いつまでたっても管理職になれない。
重役にしてもらえないと嘆く前に、

そうゆう地位にふさわしい実力を 身につけるように
まず努力しなさいというもの。

 之を語った孔子という人物は
政界で自分の腕を振るいたいという

願望を人一倍持っていた人である。  

 孔子の青年期には
住んでいる魯国ろこく三桓氏さんかんしらによる独裁体制どくさいたいせいであった。

昭公しょうこうと共に 実権を取り戻そうと
クーデターを起こすが失敗し、

昭公、孔子ともに斉国に亡命する。

後も、君主に恵まれず 諸国を転々とする。  

孔子52歳のとき、
定公によって中都のさいに取り立てられていた折の
夾国きょうこくの会」の件は有名で
斉国の名相、晏子あんしの計略をみやぶり、
魯国に有利な外交上の貢献こうけんをしている。

亡命からの晩年ばんねんは 国政に失望したとも言われている。  

この言葉は、そういう孔子の実感から 出た言葉に思われる。
苦労なく世襲せしゅうで高官につけた人には、 この言葉は出ないであろう。  
不遇ふぐうの時は誰の人生にもある。
その時に、自分の不遇をなげき、 愚痴ぐち不満ふまん吹聴ふいちょうしていたのでは、
いつまでたっても道は開けない。  

そんな時期こそ、 自分を鍛え徳の習得に励んでいれば、
どんな結果になろうと
自分に恥じることのない時を過ごせるのではないだろうか。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,151人の購読者に加わりましょう

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

アフィリエイトフレンズ

最近の投稿

アクセス解析