Blog

jinnsei2 jico


書は多く看(み)るを必(ひつ)せず、
その約(やく)を知らんことを要(よう)す

ー書不必多看、要知其約ー   近思録 卷三 致知類
(近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト。)

 

{原文}
書不必多看、
要知其約。
多看而不知其約、
書肆耳。

 

{書き下し文}
書は多く看(み)るを必(ひつ)せず、
その約(やく)を知らんことを要(よう)す。  
「すべからくこれ書を読むべし。
書は多く看るを必せず、
その約を知らんことを要す。
多く看てその約を知らざるは書肆(しょし)のみ。」

要知

{意解}  
書を読み、知識を吸収しなさい。  
書は必ずしも多く読む必要はない、
要点を掴む事が肝心である。  

コレクターに留まってはならない。 と警鐘している。
膨大な出版物に溢れている現代、
今の自分に必要な書に巡り会える事も 至難に思える。  

長男が本棚から「孟子」を拝借しているのは知っていた。
数年経っても「孟子」は帰ってこない。
私の目から見たナルシストの長男が いつの頃からか、
風貌に優しさを感じれるように 育っていた。 これも古典の影響であろう。
嬉しくもあり、 「後生畏るべし」 「少数精読」
一冊でもジックリ取り組めば
古人の叡智が生きた知恵として 現代にも生かせるのである。  

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4) 近思録 新釈漢文大系 (37)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools