Blog

jinnsei2 jico


年五十にして四十九年の非(ひ)を知る

ー年五十而知四十九年非ー   淮南子
(淮南子|えなんじ|二十一巻。前漢の淮南王劉安が幕下の学者に命じて、
おのおのの専門について講論させて作った書。)

 

{原文}
年五十而知四十九年非。

 

{書き下し文}
年五十にして四十九年の非(ひ)を知る。

非

{意解}
五十歳になってはじめて、 これまでの人生である四十九年間の過ちを悟る。
人生を振り返り反省してみると、後悔だらけである。
何歳になっても自己を改めれば向上していくことができる。  

 孔子が「君子なるかな籧伯玉(きょはくぎょく)」と
称えるほどの人物の言葉である。  

その理由に 「有道の時代には官にあって活躍したが、
道が失われたと判断するや、 身を引いて才智をみせない」 と語っている。
また、孔子のもとに訪れた籧伯玉の使者に
近況を問う答えに 「主人は過ちを少なくしようとつとめておりますが
まだその甲斐がなさそうです」と 伝えている。
籧伯玉という人物の 常日頃からの修養ぶりがうかがえる。
蘧伯玉がこの非とした四十九年に由りて後を慎んで歩んだが故に、
「六十にして六十化す」と称されるにまで至ったのであろう。 

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools