Blog

jinnsei2 jico


縦欲(しょうよく)の病(やまい)は医(いや)すべし、
而(しか)して執理(しゅうり)の病は医し難(がた)し

ー縦欲之病可医、而執理之病難医ー   菜根譚
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

 

{原文}
縦欲之病可医、
而執理之病難医。
事物之障可除、

而義理之障難除。

 

{書き下し文}
縦欲(じゅうよく)の病は医(いや)すべくして、
而(しか)して執理(しゅうり)の病は医し難(がた)し。
事物(じぶつ)の障(さわり)は除(のぞ)くべくも、
而して義理(ぎり)の障は除き難し。

執理

 

{意解}
私欲に凝り固まった病は治すことができる。 だが、
理屈に凝り固まった病はどうすることもできない
物事に纏わる障害は排除できるが、
道理に纏わる事は除き難い。 という意味だ。

「縦欲の病」 これは本人が何かを悟るとか、 周りの状況が変わるとか、
ちょっとしたキッカケで変わることがある。 そういう例が少なくない。  

執理之病」とはすなわち頭の中が凝り固まった状態。
知らず知らずのうちに会得したものの見方が固定化し、
人の意見に耳をかさない、 あれこれ視点を変えて
眺めることができなくなる状態である。  

難しいのは、ものの見方を変えること、

考え方を変えることなのではないだろうか。  

自分の意見をもつことは良い。
それはむしろ、社会人として必要なことである。

しかし、頑なに固執して譲らないというのでは、
自分の進歩もないし、

他との人間関係も円滑にゆかない。  
自分の殻を破ることも必要だろう。

まずその欠点を自覚する事が 自己改善の第一歩になるだろう。  
お互いに「仁」の心で接することができれば、
他との人間関係も円滑にできるのではないだろうか。

備考:  
「仁」 相手の気持ちや立場に立って考えてやること。
つまりは思いやりである。
「自分の名誉を大切に思うなら、 まず他人の名誉を重んずる。
自分が自由でありたければ、 まず他人の自由を重んずる」

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools