Blog

jinnsei2 jico


知者はこれに過ぎ、愚者は及ばず

ー知者過之、愚者不及也ー   中庸
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

 

{原文}
知者過之、愚者不及也。

 

{書き下し文}
知者はこれに過ぎ、愚者は及ばず。

中庸

 

{意解}  
「中庸」の美徳を語った言葉である。
「中庸」とは、物の見方も行動も、一方に偏らないこと、
ほどよくバランスがとれている、
「大きく偏らない考えや判断に宿っている徳」という意味である。  

知者も愚者も、方向こそちがえ、共にこの「中庸」に反しがちだという。

 なぜ知者は過ぎるのか。
探究心が旺盛なので、肝心なことはそっちのけで、
つまらぬことをほじくりかえす傾向があるからだという。

 これとは逆に、愚者は理解のレベルが低いので、
とかく及ばぬ傾向が強いのだという。  

ただ、「過不及」のないこと、
全体を足して割った 平均値を指しているわけではない。
中庸の「中」は『偏らないこと』、 「庸」は『普通・凡庸であること』を意味するが、
儒教の倫理規範の最高概念である中庸には
その場における最善の選択』 という意味も込められている。

 「論語」にも
子曰、
中庸之爲徳也、
其至矣乎、
民鮮久矣。

中庸の徳たるや、
其れ至れるかな。
民鮮(すくな)なきこと久し。

中庸の徳とは、最も素晴らしい徳である。
しかし、一般の人々の行いに表れなくなって久しい。ーと。

備考: 
 中者不倚而中節之名也。知者過愚者不及、中庸之不能行也。
能中庸、則喜怒哀楽及家国天下之用、 皆可中節。 中者天下之大本也。
中(ちゆう)は倚(かたよ)らずして節(せつ)に中(あた)るの名なり。
知者は過ぎ愚者は及ばざるは、中庸の能(よ)く行はれざればなり。
中庸を能くすれば、則ち喜怒哀楽、及び家国天下(かこくてんか)の用、
皆な節(せつ)に中(あた)る可(べ)し。
中は天下の大本(たいほん)なり。
ーその場における最善の選択ー 

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools