Blog

jinnsei2 jico


知る者は言わず、言う者は知らず

ー知者弗言、言者弗知ー   老子
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

訳せば、 「道を体得した人物は、知識をひけらかさない。
知識をひけらかすような人物は、道を体得しているとはいえない。」 となる。

 

{原文}
知者不言、言者不知。
塞其兌、閉其門、

挫其鋭、解其紛、
和其光、同其塵。
是謂玄同。
故不可得而親、不可得而疏。
不可得而利、不可得而害。
不可得而貴、不可得而賤。
故爲天下貴。

 

{書き下し文}
知る者は言わず、言う者は知らず。
その兌(あな)を塞(ふさ)ぎて、その門を閉し、
その鋭(えい)を挫(くじ)いて、その紛(ふん)を解(と)き、
その光を和(やわら)げて、その塵(ちり)に同(おな)じくす。
これを玄同(げんどう)と謂(い)う。
故に得て親しむべからず、得て疏(うと)んずべからず。
得て利すべからず、得て害すべからず。
得て貴(たっと)ぶべからず、得て賤(いや)しむべからず。
故に天下の貴きとなる。

 

和光同塵

 

{意解}
本当に理解している人はそれらについて話さない。
べらべらと語りたがる者はまだ理解が足りないのだ。
本当に道理が解っている人間は耳目や口を塞いで
余計な知識の出入り口を閉ざし、
鋭敏な感覚を鈍くして意識のもつれを解きほぐし、
自らの輝きを和らげて何でもない塵と一つになる。
これを神秘なる同一と言う。
この同一を得た人は、近づいて親しむ事もできず、
遠ざけて疎遠にする事もできない。
利益を与える事もできなければ、損害を与える事もできない。
敬って尊ぶ事もできなければ、卑しんで侮る事もできない。
そうしてこの世で最も貴い存在(理想的な存在)となっているのだ。  

 たしかに、得意げに語る姿は観ていて愁いを感じる。  
ソクラテスの言葉に
私が知っているのは、私が何も知らないということだけだ」  

すぐに知ったつもりになってしまう自分への、警鐘だろう。

備考:
老子は万物の根源に「道」の存在を認め、
その「道」のもっている無為自然の徳を賞揚(しょうよう)した思想家である。
この「老子」の原文は「和光同塵(わこうどうじん)」の成句で知られ、
『摩訶止觀(まかしかん)』に 「和光同塵結縁之始。八相成道以論其終。」
(和光同塵は結縁の始め、八相成道はもつてその終りを論ず)と、

仏・菩薩が衆生済度のためにその本地の知徳を隠し
煩悩の塵に同じて衆生に縁を結ぶことの意に用いられている。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools