Blog

jinnsei2 jico

礼儀(れいぎ)の始めは、容体(ようたい)を正(ただ)し、顏色(がんしょく)を斉(ととの)え、辞令(じれい)を順(じゅん)にするに在(あ)り
ー礼儀之始、在於正容体、斉顔色、順辞令ー   礼記
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ)

 

 

{原文}
礼儀之始、
在於正容体、
斉顔色、
順辞令。

 

{書き下し文}
礼儀(れいぎ)の始めは、
容体(ようたい)を正(ただ)し、
顏色(がんしょく)を斉(ととの)え、
辞令(じれい)を順(じゅん)にするに在(あ)り。

礼1

 

 

{意解}
「礼記」は 「およそ人の人たる所以のものは礼儀なり」
と言って、表題のことばを揚げている。


「礼記」は 前漢の戴聖(たいせい)によって伝えられたもので、
周、秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
「人としての基本」を根幹としている。  
礼儀の基本は
一、「容態を整える」・・・姿勢及び態度を正し、立ち居振る舞いに注意する
一、「顔色を整える」・・・嫌な顔つきをしないで、好感の持たれる顔つきをする
一、「辞令を順にする」・・・言葉遣いに注意し、その場に相応しい挨拶をキチンとする
の三つだという。

 好感の持たれる態度や表情、笑顔に加えて、
正しい言葉遣いができれば

かなりいい人間関係が築けるだろう。 しかし、
現実にはこの三つが、 なかなか上手に機能していない気がする。

 その理由に、 振り返れば、
マナーの基本をしっかりと教えられた経験はなく、

どちらかと言えば、 見よう見まねで
覚えてきた要素が多いからだと感じる。

挨拶の仕方もそうで、
「立ってする挨拶」「座ってする時の挨拶」等の基本を、

正しく理解している人は意外に少ないのではなかろうか?

 礼の初めがこの調子なので、「箸や椀」の扱い方、
冠婚葬祭、年中行事、人付き合い等のマナーもバラバラで、
必要を感じて本やネット調べる有様である。

 職場や家族や地域の人間関係がおもわしくないと思ったら、
「礼儀の基本」を再認識したほうが良いのかもしれない。

 

備考:
*礼に始まり礼に終わる世界
* 剣道には、礼儀以外にも厳しい練習も必須ですので、
忍耐力や精神力、上下関係などの精神面も鍛えられ、
体力はつくし、身の構えからか背筋が伸び姿勢もよく、
こんなに素晴らしい習い事は少ないと思います。
また、素振りをしていて肩こりなど有り得ない。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools