Blog

jinnsei2 jico


謂(い)うことなかれ
今日(こんじつ)学ばずして来日(らいじつ)ありと

ー勿謂今日不学而有来日ー   古文真宝
(古文真宝:二十巻。宋の黄堅の編。前集・後集からなり、
前集には、漢代から宋代までの著名な詩、後集には、戦国末、
楚の屈原から宋代までの著名な辞賦、文章を収めた詩文集。)

 

{原文}
勿謂今日不学而有来日。

 

{書き下し文}
謂(い)うことなかれ今日(こんじつ)学ばずして来日(らいじつ)ありと。

 

日来

 

{意解}  
「今日やらなくても明日があるさ」
という 怠りの心を戒めた言葉である。  

 宋代の宰相、司馬光が記した「勧学文」の一節である。
誰でも人からうるさくこんなことを言われるのは好まないが、

振り返れば、「あの時、もっと勉強していればよかった!」と
後悔の念、頻りの方も多いのではないだろうか。
学生時代は、友人に触発され、勉学に、遊びに、
未知の世界の探検に 熱中した記憶もあるだろう。

 会話の中で、「謂うことなかれ、来日ありと」と
意識する事も少なからずあったのでは!。

社会に出てからは、学んだことを「事上」で 身につけることを忘れがちで
「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」
「後悔先に立たず」と 自己嫌悪に陥った経験もあるのでは!。
学ぶことに遅すぎるという事はない。
「勉強」は学生時代だけの専売特許ではない。

 若き日のバイタリティーを思い出し、
「荘にして学べば老いて衰えず、老いて学べば死して朽ちず」
(佐藤一斎)だ。

仕事に、雑事にかまけていたのでは、
いつまでたっても、とりかかれない。
思い立ったが吉日である。
ゆっくりでもいい、 階段を上り続けることが必要だろう。
階下も観えてくるはずだ。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools