Blog

jinnsei2 syakai


天下(てんか)に忌諱(きき)多くして、
民(たみ)いよいよ貧(まず)し

ー天下多忌諱、而民彌貧ー   老子 第五十七章
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

 

{原文}
天下多忌諱、而民彌貧、
民多利器、國家滋昏。

 

{書き下し文}  
天下に忌諱多くして、民いよいよ貧し、
民に利器多くして、國家ますます昏し。

天下多忌諱、而民彌貧

 

 

{意解}
世の中に禁令が多くなると、人民はいよいよ貧しくなる。
人民の間に文明の利器が多く使われるようになると、
国家はいよいよ混乱する。

 紀元前の中国の時代から、
「これしちゃいけない、あれしちゃいけない」 と

禁令だらけでは、新たなものに挑戦しようという意欲が失われ、
それが国家の痛手だと言われていたんですね。

アメリカの社会には、この挑戦のエネルギーが みなぎっていて、

寄らば大樹の陰的な考えは軽蔑されている。
 優秀な人間は起業して、新たな雇用と
将来の事業の先鞭をつける 役割を担っている。

 日本社会に、グローバルに優秀な人材が集まらないのは、
規制が多すぎて挑戦する面白みを殺いでいるからかもしれない。
生活が便利になれば、国は豊かになりそうですが、
利器に振り回されて、 本来のものを失ってくるという警告です。

 情報通信の進歩で、株の暴落や為替変動が
一日足らずで世界を廻り、

世界経済が不安定になってくるという現象です。
多量の情報が容易に得やすくなった分、
その情報に踊らされることも多くなる。 

また、自動車の台数が増え、道路は渋滞し、

ガソリンの消費も増え、地球環境を汚染する。

 たまには、利器を置いて、人間にとって本来的に必要なもの
(心のうちの自然なままの純白さ)を
問い直すこともあって欲しいと老子は言っているのかも。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools