Blog

jinnsei2 syakai


国を治むるの道は
寛猛中(かんもうちゅう)を得(う)るに在(あ)り

ー治国之道在乎寛猛得中ー   宋名臣言行録
(宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの。)

 

{原文}
治国之道在乎寛猛得中            

 

{書き下し文}
国を治むるの道は寛猛中を得るに在り     

 

治国

 

{意解}
国を治めるコツは、寛(ゆるやか)と猛(きびしさ)の
バランスをとることにあるのだという。

 名君と称される宋の太宗がことばの中に出てくる。
国を治むるの道は、寛猛中を得るに在り。
寛なれば政令成らず、猛なれば民、手足を措(お)くなし。
天下を有つ者、これを慎まざるべけんや」  
 
 これは現代の政治にも、そのまま当てはまる。
寛にすぎれば、テンデンバラバラに走り出して、
国としての体をなさなくなる。
逆に猛にすぎれば、下からの活力が失われてしまう。  
たとえばアングラマネー! (地下経済とは、アングラマネー
などとも呼ばれ、 政府がその実体を把握しきれていない=非合法な
経済活動のことを言います)

締め付けを厳しくすれば、かえって経済界に混乱を生むかもしれない。  
寛ならず、猛ならず、この中庸あたりの兼ね合いがむずかしいのである。
これは国の政治だけでなく、組織管理全体に通じることだ。   

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools