Blog

jinnsei2 syakai

 

朝三暮四(ちょうさんぼし)
ー朝三暮四ー    荘子 斉物論
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかない、 結果は同じなのに表面的な利害にとらわれることや、そのようにして騙すことを 「朝三暮四」というようになった。 派生的な用法であるが、中国では、考えがコロコロ変わって定まらない意味でも 「朝三暮四」が用いられている。

 

{原文}
宋有狙公者。
愛狙、養之成群。
能解狙之意、狙亦得公之心。
損其家口、充狙之欲。
俄而匱焉。将限其食。
恐衆狙之不馴於己也、
先誑之曰、与若茅、
朝三而暮四、足乎。
衆狙皆起而怒。
俄而曰、与若茅、
朝四而暮三、足乎。
衆狙皆伏而喜。
           

{書き下し文}
宋に狙公なる者有り。
狙を愛し、之を養ひて群れを成す。
能く狙の意を解し、
狙も亦公の心を得たり。
其の家口を損じて、狙の欲を充たす。
俄かにして匱し。将に其の食を限らんとす。
衆狙の己に馴れざらんことを恐るるや、
先づ之を誑きて曰はく、若に茅を与ふるに、
朝に三にして暮に四にせん、足るかと。
衆狙皆起ちて怒る。
俄かにして曰はく、若に茅を与ふるに、
朝に四にして暮に三にせん、足るかと。
衆狙皆伏して喜ぶ。

 

朝三暮四

 

{意解}
宗に猿回しをする人がいました。
彼は猿のことを愛し、猿の群れを養っている。
彼は猿の気持ちがわかり、 猿もまた、彼のことをわかっていた。
彼は自分の食いぶちを減らしてでも、
猿にエサを与えて満足させていた。

ところが男は貧乏になり、猿の餌代にも事欠くようになった。
そこで猿のエサを減らそうと思ったのですが、 エサを減らすことで、
サルが自分になつかなくなることを恐れる。
そこで猿たちをだまそうとして、
「お前たちにどんぐりを与えるのだが、
朝に3つ夕方に4つにしたら足りるか?」と聞く。
すると猿の群れは立ちあがって怒りだす。
そこで彼は、 「では、お前たちにどんぐりを与えるのに、
朝に4つ、夕方に3つにしたら足りるか?」と提案すると。
猿たちは皆、ひれ伏して喜んだ。

 

備考:
狙公 ー「狙」はサルを意味し、狙公は猿まわしのこと
家口ー 家族の食いぶち、食糧
誑 ーあざむきてと読む。だましての意味 。
茅 ーとち。どんぐり

 現代文の用例では 「朝三暮四」の多くは
男女の浮気心に使われている。
少数が進路や考え方が定まらず、
心が浮ついていることに使われているようです。

 このジャンルは「社会を考える」なので、 類義語として
「朝令暮改」を上げておきます。
「朝令暮改」(朝令夕改)は日本語と同じ意味で
政策や方針がころころ変わり一貫性がないことを指す。  
 最近、テレビを見ていて感じたような気が・・・!?
猿たちの二の舞を演じないようにしたいものですね。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools