Blog

jinnsei2 syakai

無用(むよう)の費(ついえ)を去(さ)るは、
聖王(せいおう)の道(みち)にして、
天下(てんか)の大利(だいり)なり

ー去無用之費、聖王之道、天下之大利也ー   墨子
(墨子:十五巻。墨擢とその学派の学説を記したもの。墨擢の撰といわれているが、
その門人の撰であると現在では考えられている。)

 

{原文}
去無用之費、
聖王之道、
天下之大利也。

 

{書き下し文}
無用(むよう)の費(ついえ)を去(さ)るは、
聖王(せいおう)の道(みち)にして、
天下(てんか)の大利(だいり)なり

 

墨家3

 

{意解}  
墨子は、兼愛(けんあい)、非攻(ひこう)を主張した
思想家として知られている。

しかし、この人のもう一つの顔は、
節倹(せつけん)を主張し、無用な出費に反対した点にある。  
それが個人の利益であると同時に、
国の利益にもなり人類の利益にも合致するというのだ。

 そういう意味では、
極めて今日的な思想家であると言ってよいかもしれない。  
墨子だけではなく孔子も、政治の眼目の一つに、
「用を節して人を愛す」(論語)
━ 財政規模を不当に拡大して人民に負担を強いてはならない━をあげている。

例を引くまでもなく、
財政の無原則な拡大は国を滅ぼす元にもなりかねないのだ。  
節約の必要なことは、個人の家庭でも同じであろう。
一度生活を膨張させると締めるのは容易でない。
普段から無駄な出費を省いて不時の出費に備えるのが、
まともな生き方というものではないか。  
節倹の意義は、もっと見直されてもいいように思う。 

 

備考:
「墨子」 墨子(生没年不詳、紀元前450~390頃?)は
中国戦国時代の思想家。

墨家の始祖。一切の差別が無い博愛主義(兼愛)を説いて
全国を遊説した。

いわゆる墨子十大主張を主に説いたことで世に知られている。
墨子と弟子とのやりとりからは、
功利主義的な多くの弟子を諭す墨子の姿。
また、墨子自ら楚に赴いて、宋を攻めようとする楚王を

説き伏せようと 努力することもあったようだ。

このような幾多の墨子の努力の甲斐有って、 思想集団として、

また、兼愛・非攻の究極の実践形と言える
防御・守城の技術者集団として、

墨家は儒学と並び称される程の学派となった。

しかし、兼愛・非攻のような非常に理想主義的な
思想を展開する墨子は、

当時勢力の拡大に躍起になっていた諸侯の考え方とは相容れず、
諸侯からは敬遠されがちであったようである。

 

* 兼愛
「天下の利益」は平等思想から生まれ、
「天下の損害」は差別から起こるという思想。
全ての人に平等な愛をということである。
* 非攻
一言で言えば、非戦論である。 墨子直著と見られ、
「人一人を殺せば死刑なのに、なぜ百万人を殺した将軍が勲章をもらうのか」
と疑問を投げかけている。

著書
『墨子』(53篇現存)
断想集 。
「十論」ー 墨子の主要論考。
「墨弁」ー 墨子の哲学、幾何学等を記した論文集。
言行録ー説話集。 
城(すなわち市街地)を守る為の詳細かつ具体的な技術論集。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools