Blog

jinnsei2 syakai

 

民、信なくんば立たず
ー民無信不立ー   論語 顔淵第十二
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子貢問政。
子曰、足食、足兵、民信之矣。
子貢曰、必不得已而去、於斯三者何先。
曰、去兵。
曰、必不得已而去、於斯二者何先。
曰、去食。自古皆有死、民無信不立。

 

{書き下し文}
子貢(しこう)、政(まつりごと)を問う。
子日わく、食(しょく)を足(た)し、兵(へい)を足し、
民(たみ)之(これ)を信(しん)にす。

子貢日わく、必(かなら)ず已(や)むを得(え)ずして去さらば、
斯(こ)の三者(さんしゃ)に於(おい)て何(いずれ)をか先にせん。
日(のたま)わく、兵(へい)を去(さ)らん。
日(い)わく、必(かなら)ず已(や)むを得(え)ずして去らば、
斯(こ)の二者に於(おい)て何(いず)れをか先にせん。
日(のたま)わく、食を去らん。
古(いにしえ)自(よ)り皆死有(あ)り、 民信(しん)無くんば立たず。

民無信不立

 

 

{意解}
子貢が政治の要道を問うた。
孔子は、「食糧を満たし、軍備を充実し、人民に信義を持たせることだ」と答えた。
子貢は、「国情からして三つ同時進行が無理だとしたら、
何を後回しにすべきでしょうか?」と問うた。
孔子は、「軍備を後回しにしよう」と答えた。
更に子貢は、「国情からして残りの二つさえ同時進行が無理だとしたら、
どちらを後回しにすべきでしょうか?」と問うた。
孔子は、「食糧を後回しにしよう。
食糧が不足すれば餓死する者も出て来ようが、

食い物が有ろうが無かろうが、人は皆いつかは死ぬものだ。
もし人民が信義を失ってしまったら、禽獣(きんじゅう)と同じになって、
人間社会は成り立つものではない」と答えた。  

 孔子の考えを甘いと批判する人がいるかもしれない。
食を足らしめずして、信義の確立はできないと。
が、その気概は見習うべきであろう。

人間関係に於いても、然りだろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools