Blog

jinnsei2 syakai

 

子を養(やしな)いて教えざるは父の過(あやま)ちなり
ー養子不教父之過ー    古文真宝
(古文真宝:二十巻。宋の黄堅の編。前集・後集からなり、
前集には、漢代から宋代までの著名な詩、後集には、戦国末、
楚の屈原から宋代までの著名な辞賦、文章を収めた詩文集。)

宋代の宰相・司馬光(しばこう)が記した「勧学の歌」の前段である。

{原文}
養子不教父之過
訓導不嚴師之惰
父教師嚴兩無外
學問無成子之罪

煖衣飽食居人倫
視我笑談如土塊
攀高不及下品流
稍遇賢才無興對
勉後生 力求誨
投明師 莫自昧
一朝雲路果然登
姓名亜等呼先輩
室中若未結親姻
自有佳人求匹配
勉旃汝等各早修
莫待老來徒自悔     

 

{書き下し文}
子を養いて教えざるは父の過ちなり
訓導(くんどう)の嚴(げん)ならざるは師の惰(おこたり)なり
父教え師厳(げん)なること両(ふたつ)ながら外(ほか)無けれども
学問成(な)ること無きは子の罪なり
煖衣飽食(だんいほうしょく)して人倫(じんりん)に居(お)り
我(われ)を視(み)て笑談(しょうだん)すること土塊(どかい)の如(ごと)くす
高(たか)きに攀(よ)じんとして及(およ)ばず下品(かひん)に流(なが)れ
稍(やや)賢才(けんさい)に遇(あ)えば与(とも)に対(こた)うる無し
勉(つと)めよ後生(こうせい) 力(つと)めて誨(おし)えを求めよ
明師(めいし)に投(とう)じて 自(みずか)ら昧(くらま)すこと莫(なか)れ 
一朝雲路(いっちょううんろ)に果然(かぜん)として登(のぼ)らば
姓名(せいめい)亜(つ)いて等しく先輩(せんぱい)と呼ばれん
室中(しつちゅう)若(も)し未(いま)だ親姻(しんいん)を結ばずんば
自(おのずか)ら佳人(かじん)の匹配(ひつはい)を求むる有らん
旃(これ)を勉(つと)めよ汝等(なんじら)各(おのおの)早く修めよ
老(おい)の来(きた)るを待って徒(いたず)らに自(みずか)ら悔(く)ゆること莫れ

 

古文真宝

 

{意解}  
子供を生んでも躾をちゃんとしなければ父親の過ちである。  
教え導くのに厳しくしないのは師の怠りである。
父は教え、師は厳しく、両者ともに一意専心、不足をいう余地もないのに、
学問が成就しないのは、勉強しない子の罪である。
そのような無学な人間は、暖かい衣服を着、腹いっぱいものを食べて、
人並みの顔をして仲間に入り、 賢者を見ても平気で、
あたかも土くれなどを見るように笑ったり、話したりするのである。
つまりは偉くなろうとしてもなれず、下等な人間の仲間に入り、
少し優れた人に遇うと
もはや相手になって対応することもできなくなってしまうのである。

勉強をしなさい。若者よ。努めて師の教えを受けなさい。
立派な先生のところに身を寄せて学び、
決して自らの本性をくらましてはいけないのだ。
一旦文官試験に主席で合格すれば、
名声は上がり、先輩に次いで世間からもてはやされ、
もし結婚が未だであったら、
良家の美人が自然に配偶として求めてくるであろう。
そこで君らに勧めるが、各々早く学問を修めるがよい。
年をとってから無益に後悔することのないように。  

 

 司馬光は典型的な真面目な人物であったが、
語っている内容には、大いに同調できる面もある。

 現在の日本では、「教育ママ」という言葉は聞いても
「教育パパ」とはあまり聞かない。
子供のしつけや教育は、もっぱら母親の手に任され、
父親はこの領域から手を引いてしまった形である。
これが健全な姿だとは思いにくい。 一般的ではあるが、
父親は母親よりも広い視野をもっている。 そういう立場から、
もっと子供の教育に介入しても良いのではないかと思われる。
「訓導して厳ならざるは師の惰りなり」も、
現代の弊害を鋭く衝いているように思われる。
教師にはもっと毅然とした姿勢があってもよいのでは。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools