Blog

jinnsei2 syakai


玉琢(たまみが)かざれば器(うつわ)を成(な)さず、
人学ばざれば道を知らず

ー玉不琢不成器、人不学不知道ー    礼記 学記編
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ)

 

{原文}
玉不琢不成器、
人不学不知道。

 

{書き下し文}
玉琢(たまみが)かざれば器(うつわ)を成(な)さず、
人学ばざれば道を知らず。  

 

玉

 

{意解}  
どんなにすばらしい才能(玉は宝石)があったとしても、
努力を積み重ねなければ(磨かなければ)立派な人物になることはできない。

 玉は磨いてこそ、価値が出る 人間も学んでこそ、
人間のあるべき道を知ることことができる。
「礼記」はこの言葉を揚げたあとで、
「この故に、古の王者は、国を建て民に君たるには教学を先となせり」
と続けている。  
教学を最優先の課題とした、というのだ。

何を教えたのかといえば、おそらく、細々とした知識ではなく、
社会人として立っていくための 基本的な教養や
心構えといったものであったに違いない。
「道を知らず」の「道」とは、そういう内容であろう。  

 今の日本には、こういった面の教育が欠けているように思われる。
それでもまだよい。 家庭がダメ、学校がダメでも、
社会に出てから否応なしに鍛えられていく。  
企業内の社員教育なども、
そういう面では かなり重要な役割を果たしつつある。
女性にあっても、「肉食系女子」という流行語が生まれるほど
自立の自覚が観える。 それにはいろいろな要因があるだろうが・・・

 

備考:
2013/10/29 – 総務省が29日発表した9月の労働力調査によると、
15~64歳の女性人口に占める就業率は前年同月比2.0ポイント上昇の63%となり、
比較可能な1968年1月以来過去最高を更新した。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools