Blog

jinnsei2 syakai

桀紂(けつちゅう)の天下を失うや
その民を失えばなり

ー桀紂之失天下也、失其民也ー    孟子卷之四 離婁章句(りろうしょうく)上9
(孟子(もうし):七編。戦国中期の儒家孟軻(もうか)の言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

夏の桀王、殷の紂王は中国三千年の歴史の中でも
典型的な暴君とされてきた人物である。
彼らがなぜ国を滅ぼしたのかといえば、
人民の支持を失ってしまったからだ。という。

 

{原文}
孟子曰、
桀紂之失天下也、失其民也。
失其民者、失其心也。得天下有道。
得其民、斯得天下矣。 得其民有道。
得其心、斯得民矣。 得其心有道。
所欲與之聚之、所惡勿施爾也。

 

{書き下し文}
孟子曰く、
桀紂が天下を失うは、其の民を失えばなり。
其の民を失うは、其の心を失えばなり。 天下を得るに道有り。
其の民を得れば、斯(すなわ)ち天下を得。 其の民を得るに道有り。
其の心を得れば、斯ち民を得。 其の心を得るに道有り。
欲する所をば之が與(ため)に之を聚め、
惡みんずる所をば施すこと勿からまくのみ。

孟子

 

{意解}
孟子がおっしゃった。
暴君の夏の桀王・殷の紂王が天下を失ったのは、人民を失ったからである。
人民を失ったとは、人民の心を失ったということである。
天下を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民を手に入れれば、天下を手中にすることができる。
人民を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民の心を手に入れれば、人民を得ることができる。
人民の心を手に入れるには道がある。
人民の欲しがるものを集めてあげ、
人民の嫌うものを与えないようにすることである。  

 内憂外患(ないゆうがいかん)という言葉がある。
国を滅ぼし組織を瓦解(がかい)させるのは、 この二つの原因であるが、
せんじつめれば、 外患もまた内憂によって招来されることが多い。
では、内憂を防ぐにはどうすればよいのか。

 それを語っているのが「孟子」の離婁章句(りろうしょうく)である。  
弱肉強食の論理が優先される戦国時代に、
軍事力による覇道政治を戒めて、
道徳による王道政治の理想を説いたのが
儒学の大家である孟子である。  

孟子と戦国諸侯の含蓄のある対話や
孟子と高弟たちの言行・思想を集積して編纂したのが
「孟子」の離婁章句(りろうしょうく)である。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools