Blog


jinnsei2

cyakujitu

恒産(こうさん)なければ因(よ)って恒心(こうしん)なし
ー無興産、因無恒心ー    孟子 梁惠王章句上七
(孟子(もうし):七編。戦国中期の儒家孟可(もうか)の言行や学説を編集したもの。性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

 

{原文}
無恒産而有恒心者、惟士為能。
若民、則無恒産、因無恒心。
苟無恒心、放辟邪侈、無不為巳。
及陥於罪、然後従而刑之、是罔民也。
焉有仁人在位、罔民而可為也。

 

{書き下し文}
恒産無くして恒心有る者は、ただ士(し)のみ能(よ)くすと為す。
民のごときは則ち恒産無ければ、因(よ)りて恒心なし。
いやしくも恒心なければ、放辟邪侈(ほうへきじゃし)、為さざる無し。
罪に陥るに及びて、然る後従いてこれを刑(つみ)するは、
是れ民を罔(あみ)するなり。
いずくんぞ仁人(じんじん)位に在る有りて、民を罔して
為すべけんや。

 

 

恒産

 

 

{意解}
 収入がなくても道徳心があるものは、
学問修業をしたものだけである。

一般人の国民は一定の収入がなければ、
変わらぬ道徳心をもつことができない。


安定した道徳心がなければ、

好き勝手、邪推をしたり、よく考えもせずに罪を犯してしまうだろう。
犯罪をする要因を知っていながら、
犯罪を成した後に処罰するなどというのは、

民を罠にかけてだますようなものである。

仁の道をとる人が君主であるならば、

どうして人民をないがしろにして国を治めることができようか。

* 放辟邪侈/勝手気ままで、わがまま放題に悪い行為をすること。
* 恒産/生活を支えるに足る安定した収入、資産。
* 恒心/どんなに困っても悪に走らない心。

 恒産などなくても恒心を持ち続けるのが理想である。
だがそれは志操堅固な人物(士)にして初めて可能なことだ。
一般の人々にそれを期待しても無理である。
だから一般の人々に対しては、
何をおいてもまず生活の安定を図ってやらなければならない。
それが為政者のつとめであると「孟子」は主張する。

 たしかに、恒産なくして恒心を持ち続けることは、難しい。
恒心を持ち続けるためには、その前提として、
しっかりした生活設計が必要になるということだ。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools