Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

面従(めんじゅう)して退(しりぞ)いて
後言(こうげん)あることなかれ

ー無面従退有後言ー    書経 益稷(えきしょく)
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
予違、汝弼。
汝無面從、退有後言。
欽四鄰。 違、戻也。

言我有違戻於道、爾當弼正其失。
爾無面諛以爲是、而背毀以爲非。
不可不敬爾鄰之職也。
申結上文弼直鄰哉之義、
而深責之禹者如此。

 

{書き下し文}
予(われ)違(たが)わば、汝(なんじ)弼(たす)けよ。
汝面從(めんじゅう)して無かれ、退いて後言有ること。
四鄰(しりん)を欽(つつし)め。 違は、戻るなり。
言うこころは、我れ道に違い戻ること有らば、
爾當に弼けて其の失を正すべし。

爾面諛して以て是と爲して、背き毀てて以て非と爲すこと無かれ。
爾鄰(なんじりん)たるの職を敬まずんばある可からず。
申ねて上の文の弼け直くし鄰(りん)なるかなの義を結んで、
深く之を禹(う)に責むる者此の如し。

備考:
四隣(しりん)/前後左右の家や人
爾當(なんじまさに) 失(しつ)/あやまち。
面諛(めんゆ)/人の目の前で、へつらうこと。
毀(き)/そしる。悪口を言う。

 

諸経

 

{意解}  
聖天子の舜(しゅん)が後継者の禹(う)を戒めた言葉だという。
面と向かっては、はい、はいと相手の意見に従っておきながら、
かげに回って不平不満を並べたり、非難したりする(面従後言)。
そんなことはしてはいけないということである。  

 私たちが人間関係の中で、犯しがちな過ちの一つである。
常日頃から、余程気をつけておかないと、ついこうなってしまう。
この過ちによって、
こちらの人格を低劣に見透かされても止む終えない、

「後言」は、必ず相手の耳に入る。
「これは内緒だ」と念を押せば押すほど、相手に筒抜けになる。
当然、相手としても、いい感情を持つはずがない。
その結果、人間関係を決定的に悪化させてしまう。  
言いたいことは直接相手に言う。
言ってはならないことについては、
あくまでも沈黙を守ることが望まれる。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools