Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

久安(きゅうあん)を恃(たの)むことなかれ、
初難(しょなん)を憚(はばか)ることなかれ

ー毋恃久安、毋憚初難ー    菜根譚 前集202項
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

 

{原文}
毋憂払意、
毋喜快心。
毋恃久安、
毋憚初難。

 

{書き下し文}
払意(ふつい)を憂(うれ)うることなかれ、
快心(かいしん)を喜ぶことなかれ。
久安(きゅうあん)を恃(たの)むことなかれ、
初難(しょなん)を憚(はばか)ることなかれ。

 

菜根譚

 


{意解}
菜根譚の著者、洪自誠は
「長い人生や日々変化する時代の中では
何をやっても思い通りにいかない時がある。
そんな時は苛苛したり、くよくよするな。
そのうち状況が変化しチャンスが到来する。
何をやっても思い通りに行かない時は、
「その時」を待つ充電期間と思い、
自己のレベルアップに努めることが大事である。

また反対にやる事なすことが順調に運び順風満帆な時もある。
そんな時は有頂天になったり自慢したりしてはいけない。
人間は好調な時に、また順調な時の驕りや過信が後に
大きな失敗に繋がりやすい。
失敗の原因というものはこの順調な時に芽生えるもの。
順調であればあるほど足元をしっかり見つめておきなさい。」
と言っている。  

「親方日の丸(日本国営企業)」的な企業、大手企業等、
今が順風満帆でも時代の流れで
民営化、規模の縮小、突然の倒産に襲われる事もありえる、
こんな時、普段からの心構えがないと途端に取り乱してしまう。
故に普段からの物心両面の備えを
怠ってはならないと菜根譚は教えている。  

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools