Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

楽しみは極(きわ)むべからず
ー楽不可極ー    礼記 曲礼上(五礼(吉・凶・賓・軍・嘉)の総説)
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ)

 

{原文}
敖不可長、欲不可従。
志不可満、楽不可極。

 

{書き下し文}
敖(おごり)は長ずべからず、 欲は従(ほしいまま)にすべからず。
志は満たしむべからず、 楽しみは極むべからず。

 

 

礼記 曲礼上1

 

{意解} 
すべて物事には「程々に」がよい。
おごりを募(つの)らせてはいけない。
欲望に溺れてしまってはいけない。
志は完全に満たされることを求めてはいけない。
歓楽は限りを尽くしてはいけない。

敖,欲,志,楽――いずれにおいても,限度を設け,
とどまることを知ることが大切であるというのである。
人生には楽しみが必要である。
長寿に恵まれ真面目に生きてきたお年寄りが、
「私のような生き方は、人様にはお勧めできませんな」と述懐していた。  
人生は短い。 その短い人生にこれといった楽しみがなく、
あくせく働く事だけで終わってしまうようなら、 何のための人生ぞや、だ。  
せっかくの人生、 一度の人生楽しむことも必要である。  

 問題は、その楽しみ方である。  
例えばゴルフに行ったとする。
誰でも「ああ、いいなぁ」と思い、 できたらゴルフ三昧の生活を
一週間でも続けてみたいと願うだろう。 だが、
暇を見つけてたまに行くから楽しいのであって、
毎日そんなことをしていれば、
楽しみどころか、 かえって味気ない思いが募るだけかもしれない。  
楽しみごとは、のめり込めばかえって苦しみを増す。
「楽しみは極むべからず」で、 程々が良いようだ。  

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools