Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

人はその長(ちょう)ずる所に死せざるは寡(すくな)し
ー人者、寡不死其所長ー    墨子 親士(3)
(墨子:十五巻。墨擢とその学派の学説を記したもの。墨擢の撰といわれているが、
その門人の撰であると現在では考えられている。)

 

{原文}
今有五錘、此其銛、銛者必先挫。
有五刀,此其錯,錯者必先靡。
是以甘井先竭、招木先伐、
霊亀先灼、神蛇先暴。
是故比干之殪、其抗也。
猛賁之殺、其勇也。
西施之沈、其美也。
呉起之裂、其事也。
故彼人者、寡不死其所長。
故曰、太盛難守也。

 

{意解}  
人間はその長所が災いして、かえって死を早めることが多いのだという。
これもまた一面の真理である。  

ここに五本の錐が在るとして、一番最初に挫けてしまうのは一番鋭利なものである。 五本の刀では切っ先の鋭いものが先に磨れてしまう。  
おいしい水が湧く井戸が先に尽きてしまい、立派な木は先に切り倒され、
霊亀は先に焼かれ、神蛇は先に暴かれてしまう。  
これは丁度、比干が紂王に殺されたのは、不義に抗して義を貫こうとしたからだ。
猛賁はその武勇によって殺され、
西施はその美しさのあまり河に沈められ、
呉起はその手腕を疎まれて車裂の刑を受けたことと同じである。
人間は、その長所がわざわいして、かえって死を早めることが多い。  
故に、大いに盛んなるものを守るのは難しいと言う。  

 能力に恵まれたからといって、
必ずしも喜んでばかりはいられないということかもしれない。


銛銛(せんせん): モリ 非常に尖っている様
錯錯(さくさく): 良く切れる
竭(げつ):ツきる ツくす
招木 :人や虫を招き寄せるほどの立派な木と訳した
霊亀 :立派な亀 古代、亀の甲羅は焼いてその割れ目を利用した占いに用いられた
神蛇 :霊的な力を秘めた蛇で、雨を呼ぶとされた
殪(えい):倒れる 殺す
猛賁(もうほん):秦の武王に仕えた有名な大力の勇士。
西施(せいし):春秋時代末,越国の美女。
呉起(ごき):戦国時代の兵法家・武将。

 

 

墨家十論  jyuuron 兼愛: 兼(ひろ)く愛する、の意。全ての人を公平に隔たり無く愛せよ
という教え。

非攻: 当時の戦争による社会の衰退や殺戮などの悲惨さを非難し、
     他国への侵攻を否定する教え。 ただし防衛のための戦争は
否定しない。

尚賢: 貴賎を問わず賢者を登用すること。
尚同: 賢者の考えに天子から庶民までの社会全体が従い、
価値基準を一つにして社会の秩序を守り社会を繁栄させること。

節用: 無駄をなくし、物事に費やす金銭を節約せよという教え。
節葬: 葬礼を簡素にし、祭礼にかかる浪費を防ぐこと。
非命:   人々を無気力にする宿命論を否定する。人は努力して
働けば自分や社会の運命を変えられると説く。

非楽:  人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざける舞楽は否定すべきで              あること。
天志: 上帝(天)を絶対者として設定し、天の意思は人々が正義を
なすことだとし、 天意にそむく憎み合いや争いを抑制す る。

明鬼: 善悪に応じて人々に賞罰を与える鬼神の存在を主張し、
争いなど悪い行いを抑制する。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools