Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

軽諾(けいだく)は必ず信寡(しんすくな)し
ー軽諾者必寡信ー    老子:徳経:恩始第六十三
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

 

 

{原文}
爲無爲、事無事、味無味。
大小多少、報怨以徳。
圖難於其易、爲大於其細。

天下難事、必作於易、
天下大事、必作於細。
是以聖人終不爲大、
故能成其大。 夫輕諾必寡信、
多易必多難。 是以聖人猶難之。

故終無難。

 

{書き下し文}
無為をなし、無事(ぶじ)を事(こと)とし、無味を味わう。
小を大とし少を多とし、怨(うら)みに報ゆるに徳をもってす。
難(かた)きをその易(やす)きに図(はか)り、大をその細になす。
天下の難事は必ず易きより作(おこ)り、
天下の大事は必ず細より作(おこ)る。

ここをもって聖人はついに大をなさず。故によくその大を成す。
それ軽諾(けいだく)は必ず信寡(すくな)く、
易きこと多ければ必ず難きこと多し。
ここをもって聖人すらなおこれを難(かた)しとす。
故についに難(かた)きことなし。

 

軽諾

 

{意解}
「爲無爲、事無事、味無味」 老子の根幹の思想である
無為自然|あるがままに暮らす」である。
大小,多寡に拘わらず, 憎しみに徳で報いる。
難事はそれが容易なうちに取り扱い,  
大なるものはそれが小なるうちに扱う。
世間の困難な問題は,  それがまだやさしい(芽のうちに)処置する。
世間の大問題と称するものは,  
それがまだ簡単であるうちに,処理すべきなのだ。

 故に,聖人は“大問題を処理する”などといったことをしないで,
小さなうちに処理をして偉大なことを成し遂げる。

 軽々しく約束をする者(安請け合いする者)は,  
しばしば彼の真義を反故にして信頼を失う。
物事を軽く考える者は,  多くの難事に出合うことになる。

 これにより聖人は,些細なことでも難事と考えて処置する。  
だから,困難に直面することがない。

 「軽諾」というのは、軽々しく「承知しました」などと
安請け合いをすることである。

したがって、「夫輕諾必寡信」は「安請け合いは不信の元」と訳せる。  
私たちが犯しがちな過ちの一つが、この安請け合いである。
事情等も考えず、その場の雰囲気につられて
「わかりました。何とかしてみましょう」と、
相手に希望を持たせるようなことを言ってしまう。

その結果、あとで自分を自分で苦しめることになるばかりでなく、
相手の不信まで買ってしまう。 よく考えると、これほど割の合わないことはない。  
上に立つ者、この「軽諾」のリスクは、かなり重要である。
「前言撤回、失言取り消し」を繰り返していたのでは、
部下の信頼を得られず、自らの威信に関わってくるからだ。
下手に雄弁であるよりも、
寡黙を心がけたほうが良いのかもしれない。  

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools