Blog

jinnsei2 cyakujitu

 

すでに明(めい)かつ哲(てつ)、
以ってその身を保(たも)つ

ー既明且哲、以保其身ー    中庸 第15章(朱子章句27章)
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

国に道なきとき、君子はどうする?  中庸の第15章(朱子章句27章)は、
「大なるかな、聖人の道」という偉大な聖人の道を讃える言葉で始まる。
この聖人を目指して身を修め、徳を積んだ有徳人が「君子」である。
この君子は何時の時代にも存在する。が、
それらの「君子」を必ずしも必要とされる時代にめぐり会えるとは限らない。
つまり君子は、道を守りそこから離れないように努力したとしても、
国に道がなかったらどうするのか?  その方法が、この章に書かれている。

 

{ 原文}
國有道,其言足以興,
國無道,其默足以容。
《詩》曰:“既明且哲,以保其身。
其此之謂與!

 

{ 書き下し文}
國に道あれば,其の言以て興こすに足り,
國に道無ければ,其の默以て容らるるに足る。
《詩》に曰く:“既に明にして且つ哲,以て其身を保つ。”と。
其れ此れを謂うか。

 

 

中庸2

 

 

{意解}
国の政治がまともであれば、 君子は立派な発言ができて高い位置につくことができるが、
国の政治がみだれているときは、 君子は深い沈黙の選択が許される、
それで災いを免れる。

「詩経」に「道に明らかでいて思慮深い人が、それでわが身を保全する」と
歌われているのは、 それを指したものである。

君子には「深い沈黙が許される」と中庸は書いているわけである。

現代では「保身」という言葉は、 あまりいい意味では使われなくなっている。
「汲汲(きゅうきゅう)として保身につとめる」
「自分の保身ばかり図っている」等、

避難的ニュアンスで使われることが多い。

しかし、
元はこのように、生きにくい時代の中を無事に生き抜くこと、
それが「身を保つ」であり、「保身」であった。
「無事これ名馬」と同じようなもので、
考えようによっては、 これほど難しいことはないかもしれない。  
その難しいことを可能にするのに必要とされるのが「明」と「哲」、
「道に明らかでいて思慮深いこと」である。
ここから「明哲保身」という成語が生まれたわけです。
この二つの条件があれば、どんな乱世でも、
しっかりと「身を保つ」ことができるのかもしれない。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools