Blog

jinnsei2 cyakujitu 敖(おごり)は長(ちょう)ずべからず、
欲は従(ほしいまま)にすべからず。
 

ー敖不可長、欲不可従ー    礼記 曲礼上
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ)

 

{原文}
敖不可長、欲不可従。
志不可満、楽不可極。

 

 

{書き下し文}
敖(おごり)は長ずべからず、 欲は従(ほしいまま)にすべからず。
志は満たしむべからず、 楽しみは極むべからず。

 

礼記

 

{意解}
すべて物事には「程々に」がよい。
おごりを募(つの)らせてはいけない。

欲望に溺れてしまってはいけない。
志は完全に満たされることを求めてはいけない。

歓楽は限りを尽くしてはいけない。

敖,欲,志,楽
――いずれにおいても,限度を設け,

とどまることを知ることが大切であるというのである。

」とは、傲慢(ごうまん)である。

自分の能力や地位を鼻にかけて人を見下すことだ。
まずそういう気持ちがあり、それが自ずから表情や態度に表れる、
これが「敖」にほかならない。  

これと似たものに、「誇り」がある。

自尊心、プライドだ。 こちらのほうは、人間としてあったほうが良い。
しかし、それがいびつな形をとって発現すると「敖」になってしまう。  
誰でも気を許すと、むくむくと「敖」が頭をもたげてくる。
そうならないためには、
普段から注意して押さえつけておかなければならない。


」についても同じことが言える。

人間に欲望があることによって社会は進歩してきた。
そういう意味では、むしろ積極的に評価されなければならない。
だが、無制限な欲望の追求は、はた迷惑である。

こちらの幸せが相手に不幸をもたらすようでは、幸せも長続きしない。

ホドを知らないと、身をあやまることになりかねない。

「楽不可極|楽しみは極むべからず」においては、
言葉の散歩道129 を御参照ください。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools