Blog


jinnsei2

cyakujitu

君子は言(げん)に訥(とつ)にして、
行(おこ)ないに敏(びん)ならんと欲(ほっ)す

ー君子欲訥於言而敏於行ー    語論 里仁第四之二十四(訥言敏行)
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、
君子欲訥於言、
而敏於行。

{書き下し文}
子曰わく、
君子は言に訥(とつ)にして、
行(こう)に敏ならんと欲す。

 

 

訥言敏行

 

{意解}
先生がいわれた、
「君子は、弁舌がさわやかであるよりも、実践において勇敢でありたい」となる。
「口先よりも実行を」ということだ。
「偉そうなことを言わずに、素早く行動しよう。」
TVに映る政治家には耳の痛い言葉だろう。

 孔子は「有言実行」を望んだが、
基本的に雄弁に巧妙な言葉を操る人よりも、
思想や意志を素早く実践する人のほうが、
より君子的であると考えていたようである。

「訥言敏行」

もっとも、 中国人は昔から自己主張が強く、弁舌がさわやかだったらしい。
とくに自分に不利益をこうむっていると見るや、猛烈にまくしたてる。

孔子だけでなく、思想家はそういう人たちを相手に
語っているのだということを念頭に置く必要があるのかもしれない。

 その点、われわれ日本人は伝統的に自己主張を苦手とする。
事を荒立てるよりも、泣き寝入りする傾向が強かった。

 私達はむしろもっと弁を磨いたほうが良いのかもしれない。

 しかし、そのことを考慮に入れても、雄弁な者は、
度が過ぎると、かえってマイナスに作用する。

 主張すべき時には大いにまくし立てるべきであるが、
普段は寡黙に徹したほうが良いのかもしれない。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)



   

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools