Blog


jinnsei2

cyakujitu

一年の計は元旦にあり
『月令広義』歳令「四計」 馮應京

「一年の計は元旦にあり」は
中国の書物「月令広義」にある「四計」の一説の由来が有力である。

{原文}
一日之計在晨     ichinennokei
一年之計在春 
一生之計在勤 
一家之計在身

{書き下し文}
一日の計は晨(あした)にあり、
一年の計は春にあり、
一生の計は勤にあり、
一家の計は身にあり

{意解}
一日は朝の計画で決まり、
一年は年のはじめの計画で決まる。
一生の計画はまじめに勤めることで決まり、
一家の将来は健康で決まる。

 言葉通り、一年間の目標や計画は、元旦に決めるのが良いということ。
元旦の「旦」は日の部分が太陽、下の横棒は地平線を意味する。
つまり、地平線から日が昇ったところ、
日の出や朝という意味になる。

初めの計画が曖昧だと物事が上手くいかないという意味の諺にもなっている。     
「物事を始めるにあたっては、
最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ」である。

  imagesCA3ME8H5     
           
貴方にとって、善い一年になりますように!
 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools