Blog


jinnsei2

cyakujitu

安居(あんきょ)なきに非(あら)ず、
我に安心(あんしん)なきなり

ー非無安居也、我無安心也ー    墨子 親士
(墨子:十五巻。墨擢とその学派の学説を記したもの。墨擢の撰といわれているが、
その門人の撰であると現在では考えられている。)

 

{原文}
吾聞之、曰、「非無安居也、我無安心也。
非無足財也、我無足心也。」
是故君子自難而易彼、衆人自易而難彼。
君子進不敗其志、退究其情、
雖雑庸民、終無怨心。彼有自信也。

 

{書き下し文}
吾之を聴く、曰く、「安居なきにあらざるなり。われに安心なきなり。
足財なきにあらざるなり、われに足心なきなり。」
この故に君子は自ら難しくしてかれらを易くす。
君子は進みてその志を敗らず、しりぞきてその情をやまず、
雇民にまじわるといえども、ついに怨心なし。
かれに自信あればなり。

ankyo2

 

{意解}
私は聞いたことがあります。
「安居する場所が無いのではなくて、

心を安らかにする術を知らず。
財産が足り無いのではなく、

足るを知るを心得ていないのだと」
君子は、難しいことに挑戦し困難を誰かに押付けることはない。
順境にあっても志を忘れず。逆境にあっても落ち込むことは無い。
ありふれた民衆の中で暮らしても、文句を言うことがない。
それと言うのも彼の君子は自信に満ち溢れているからだ。

 今回は、「安居なきに非ず、我に安心なきなり」です。
 心さえ満ち足りていれば、
どんな境遇に置かれても安らかに暮らすことができる。

 安らかに暮らすことができないのは、
我が心に問題があるからだ、というのである。

 その例として、「韓非子」に残っている話を紹介すると、
 斉国の慶封(けいほう)という重臣が国もとで反乱を起こし、
失敗して越の国に逃げようとした。

それを見た親族のものが、
「晋の方が近いのに、どうして晋に逃げないのか」とたずねたところ、

慶封は、「越の方が遠いから、身を隠すのに都合が良い」と答えた。
 
 これを聞いて、親族の者は次のように諌めた。
「心さえ入れ替えたら、晋に居ても恐れる必要はない。
今のままの不安な心では、越まで逃げていったところで、
安心は得られまい」と

 勿論、環境の大切なことは否定できないが、
どんなに恵まれた環境にいても、心が不安定では、
真の安らぎは得られないということである。

 人すべからく、心の持ちようである。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools