Blog


jinnsei2

cyakujitu

天知る、地知る、我知る、人知る
ー天知、地知、我知、子知ー     十八史略 東漢
(十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの。)

 

{原文}(後漢書、楊震伝より)
至夜懷金十斤、以遺震。 
震曰、故人知君、君不知故人、何也。
密曰、暮夜無知者。 
震曰、天知、神知、我知、子知、何謂無知。
密愧而出。

{書き下し文}
夜に至り、金十斤を懐にし、以て震に遺(おく)らんとす。
震曰く、「故人、君を知る、君、故人を知らざるは、何ぞや」と。
密曰く、「暮夜(ぼや)なれば知る者無し」と。
震曰く、「天知る、神知る、我知る、子知る、何ぞ知るもの無しと謂うや」と。
密愧(は)じて出ず。

 

十八史略

 

{意解}
 前訳を少し付け加えれば、
後漢王朝の時代、廉潔(れんけつ) で知られる
楊震(ようしん)という人物がいた。

 東莱郡の長官に任命されて赴任する途中でのこと、
むかし目をかけてやった王密(おうみつ)という男が面会を求め、
世話になったお礼だと言って、金十斤(きん)を贈ろうとした。
むろん、今後とも宜しくという意味である。

 楊震はそれを受け取らず彼に言った
「貴方は私のよく知る人物だ。
なのに貴方は私の性格を忘れてしまったのですか?

これは何であるか?」
「いえ、よく存じ上げております。ですがどうかお受け取り下さい。
こんな夜更け、このことは貴方と私だけしか知りません」

 と言って置いていこうとする。
楊震はそれを受け取らずに王密に言った

「誰も知らないことはあるまい。まず、
天が知っている、地(神)が知っている、

私も知っているし、そなたも知っているではないか
(天知る、地知る、我知る、人知る)。

誰も知らないことはない。」 
 王密は恥じ入って引き退ったという。

 この話は、楊震の「四知(しち)」として知られている。
聖職・官職にある者は、
これくらいの厳しさが望まれるのかもしれない。

又、不正行為はいつかは必ず発覚するという教訓でもある。
善い行いも然りである。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools