Blog


jinnsei2

ookiku1


人生百年、昼夜おのおの分(なか)ばなり

ー人生百年、昼夜各分ー   列子
(列子:八巻。戦国初期の鄭のひと列御冠の撰とされているが、
偽作説もあり。別名「沖虚真経」。)

{原文}
役夫曰、
人生百年、昼夜各分
吾昼為僕虜、苦則苦矣。
夜為人君、其楽無比。
何所怨哉」

 

{書き下し文}
役夫曰く、
人生百年、昼夜おのおの分(なか)ばなり
吾、昼は僕虜(ぼくりょ)となり、苦はすなわち苦なり。
夜は人君となり、その楽しみ比(ならび)なし。
何の怨むところあらんや」

烈子

 

{意解}
老人は言った。
「人の一生は百年。昼と夜が半分ずつで、
昼間は下僕と為り、苦しいことは苦しいが、
夜中は王侯になって楽しいことこの上ない。
何を恨むことがあろうか」

 夜になったら、夢で王侯となって栄華を極めているから、
なんの不満もないというのである。

 むかし、周国の守銭奴の尹(いん)家で
休む間もなく働かされている老僕に
同情した者に答えたものである。

 う~ん、たしかに昼と夜あわせて百年であるが、
昼のストレスを
夜の夢で解消する! 
というのもうら悲しいものを感じる。

 私は現代においては、
感覚的にズレがあるように感じます。

自分の一度きりの短い人生は、
昼も夜も大切に送りたいですね。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools