Blog


jinnsei2

cyakujitu

羝羊(ていよう)、藩(まがき)に触れてその角に苦しむ
ー羝羊触藩羸其角ー     易経 雷天大壮
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。
卜筮{ぼくぜい}の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の『経」と、
その注釈篇である。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

 

{原文}
大壮、利貞。
初九、壮于趾。征凶。有孚。
六二、貞吉。
九三、小人用壮、君子用罔。貞厲。羝羊触藩羸其角。
九四、貞吉。悔亡。藩決不羸。壮于大輿之輹。
六五、喪羊于易。无悔。
上六、羝羊触藩、不能退、不能遂。无攸利。艱則吉。

{各爻解義}
初九:
大壮の始めである。どんどん物事が生じてゆく(有孚)であるから、
この始めに当たって軽率に進むは凶である。折角の孚(まこと)が窮する。

六二:
初九に続いて、所信を変えずに往けば吉。

九三:
小人ほど勢いに乗じて妄進しようとする。
君子は無をもってする。
羝羊(おひつじ)が角ふりたててひた走る果(結果)は、

藩(かき)に引っかかって動きが取れないというようなことになる。

九四:
正義を履んで変わらねば吉。藩(かき)も破れて助かろう。
大車の輹(とこしばり/車軸)をしめて、安全にするようなものである。

六五:
正大にして自重すれば、悔いることはない。
妄進する羊はいつの間にか易(さかい)で見えなくなる。

上六:
要するに妄進すれば、にっちもさっちもゆかなくなって凶なのであるから、
私心私欲を去り、全体の調和を考えて苦心努力してゆけばよい。
咎(とが)も長じないのである。

備考:
正大・・・態度や行動などが正しくて堂々としていること

 

imagesCAT8MMLN

raitentaisou

 

{意解}
「羝羊」とは牡羊(おひつじ)。
牡羊が勢いに任せて突っ走り、垣根(かきね/藩)に角を引っ掛けて、
進むもならず退くもならず、もがき苦しむということ。
つまりこれは猪突猛進(ちょとつもうしん)の害を戒めた言葉になる。

 私たちの人生にも、しばしばこういう事態が起こりえる。
どんな人の場合でも、長い人生の中には、
一度や二度ツキの回ってくることがある。

 そんな時こそ、溜め込んでいた実力を発揮するチャンスである。
事業を拡張するもよし、さらに上のレベルを目指して
飛躍を試みるも善しである。

 だが、調子に乗って突っ走ると、「羝羊」のような羽目に陥りかねない。
そういう時こそ、一段と慎重な対応が望まれる。

「易経」も、
「小人用壮、君子用罔/小人は壮(さか)んな勢いに任せて突き進むが、

君子はそんなことはしない」とダメ押ししている。

 好調な時こそ、一層気を引き締めてかかれ、ということである。
万事消極的であるくらいが丁度よいという時である。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools