Blog


jinnsei2

cyakujitu

敢(あ)えて天下の先(せん)たらず
ー不敢為天下先ー     老子 第67章

今回は「老子」第67章 からの出典です。
(老子:道家の祖。人為、虚飾を去って、無為自然であるべきと説く。道徳経。)

 

{原文}
下皆謂我道大似不肖。
夫唯大故似不肖。
若肖、久矣其細。
夫我有三寶。持而寶之。
一曰慈、二曰倹、三曰不敢為天下先。
慈故能勇。倹故能広。
不敢為天下先、故能成器長。
今捨慈且勇、舎倹且広、
舎後且先、死矣。
夫慈以戦則勝、以守則固。
天将救之。以慈衛之。

 

{書き下し文}
天下皆謂(い)ふ我が道(みち)大(だい)にして不肖(ふしょう)に似たり。
夫(そ)れ唯(た)だ大なり、故(ゆえ)に不肖に似たり。
若(も)し肖(しょう)ならば、久しいかな其(そ)の細(さい)なること。
夫れ我に三寶(さんぽう)有(あ)り。持(じ)して之(これ)を寶(たから)とす。
一に曰く慈(じ)、二に曰く倹(けん)、三に曰く敢(あえ)て天下(てんか)の先(せん)と為(な)らず。
慈(じ)なり、故(ゆえ)に能(よ)く勇(ゆう)なり。倹(けん)なり、故に能く広なり。
敢て天下の先と為ならず、故に能く器長(きちょう)と成る。
今慈を捨てて且(まさ)に勇ならんとし、倹を舎てて 且に広(ひろ)くあらんとし、
後(おく)るるを舎て且に先(さき)んぜんとすれば死せん。
夫(そ)れ慈は以て戦(たたか)へば則(すなわ)ち勝ち、以て守(まも)れば則ち固(かた)し。
天(てん)将(まさ)に之(これ)を救(すく)はんとす。慈を以て之を衛(まも)らん。

 

{口語訳}
人は皆、わたしの大道を大きすぎて似ているものがないという。
そもそも大きすぎるものだから、似るものがないのだ。
もし似ていたら、ずっと前につまらぬものになっていただろう。
わたしには三つの宝物がある。 それを宝物として大事に持っている。

第一は慈しみ深いこと、

第二は倹約であること、

第三は天下の人の先に立とうとしないことである。

慈しみの心があるから、本当の勇気が湧いてくる。
倹約だから、よく広く人々に恵みをたれる。
むやみに天下の先に立とうなどとはしない。
だから優れた人材の長となることができる。
今仮に、慈愛を捨てて、勇気を出そうとし、
倹約を捨てて、広く恵もうとし、
人の後に従うことをやめて、先に立とうとすれば、 破滅するであろう。
慈愛は、それで戦えば勝つ。
それで守れば堅固である。
天は慈愛をもって戦うものを救う。
慈愛の心をもって民を守らん。

 

jiai

 

{意解}
「老子」によれば、この世の中を無事に生きていくためには、
「三宝」則ち三つの宝が必要なのだという。

 三つの宝とは、
一に曰く、慈(じ)。
二に曰く、倹(けん)。
三に曰く、敢えて天下の先とならず
である。

「人を慈しむからこそ、勇気が湧いてくる。
物事を控え目にするからこそ、行き詰まらない。
人々の先頭に立たないからこそ、
逆に指導者として担がれる。
 いま、慈しむことを忘れて勇気だけを誇示し、
控えめな態度を捨てて我先に駆け出し、
退くことを忘れて先頭に立つことだけを考えれば、
どうなるか。 破滅あるのみだ。
全てのものを包み込む慈母の愛 、
それが何ものにも優るであろう
と、老子は語っている。

 これらはいずれも、乱世を生きるための英知と言っても良いだろう。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools