free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

ookiku1


人生じんせい朝露あさつゆごと

ー人生如朝露ー   漢書 蘇武伝
(漢書:百二十巻。前漢の歴史を記録した正史。
後漢の班彪と、その子班固、班昭の撰。)

 

『漢書』巻54「李広蘇建伝」その中の(蘇武伝)からの出典です。

人生の短くはかないことをなげいた言葉。

漢の時代、匈奴きょうどに使者として出向いた蘇武そぶ
そのまま捕らえられて北海の地に流される。
蘇武は野鼠のねずみや草・実を食糧しょくりょうとしてえをしのいでいた。
しかし、漢の節を守り匈奴にくだらなかった。
そこで匈奴に降った李陵りりょうという将軍をつかわして、
匈奴への帰順きじゅんを勧めたとき、このことばが引用されている。


{原文}

人生如朝露,
何久自苦如此!


{書き下し文}

人生じんせい朝露あさつゆごとし、
なんひさしく自ら苦しむことくのごときと!


{口語訳}

人の一生は、朝露のようにはかないものなのに、
どうして、このように長く、自分から苦労するのですか!

 タイトルからはずれると思われるが、意気に感じたので、
以降の漢文も載せておきます。

{原文}
武曰 「武父子亡功德 皆爲陛下所成就 
位列將 爵通侯。兄弟親近、常願肝腦塗地。 
今得殺身自效、雖蒙斧鉞湯鑊、 誠甘樂之。
臣事君 猶子事父也 
子爲父死亡所恨 願勿復再言。」 
陵與武飲數日 復曰 「子卿壹聽陵言」 
武曰 「自分已死久矣 王必欲降武 
請畢今日之驩 效死於前」 
陵見其至誠、喟然歎曰、 
「嗟乎 義士 陵與衛律之罪上通於天」 
因泣下霑衿 與武決去。

{書き下し文}
武(蘇武)の曰く、「武の父子は功德亡くどくなく、みな陛下の成就じょうじゅする所とし、
位は列將、爵は通侯。兄弟親近して、常に肝腦かんのうし地にまみれるを願う。
今身を殺し自らつくすを得れば、斧鉞ふえつ湯鑊とうかくこうむるといえども、誠にこれを甘樂かんらくせん。
臣の君につかうること、なお子の父に事えるがごときなり。
子は父のために死してうら所亡ところなし。願わくはまた再び言うなかれ」と。
陵(李陵)は武と飲むこと數日。また曰く、「子卿はいちに陵の言うを聽きたまえ」と。 
武の曰く、「自分は已に死して久し。王、必ず武の降るを欲すれば、
今日のかんおわり、前に死をいたすをわん」と。 
陵はその至誠しせいを見て、喟然きぜんとしてなげきて曰く、
嗟乎ああ義士ぎしなり。陵と衛律えいりつの罪は、上、天に通ず」と。
りてなみだ下りえりうるおし、武と決して去りたり。

肝腦かんのう:肉体と精神
斧鉞ふえつ:おのと、まさかり。重い刑罰。
湯鑊とうかく:ゆがま
甘樂かんらく:喜んで甘んじる
いち:第一
かん:喜び楽しむ
至誠しせい:この上なく誠実なこと
喟然きぜん:ため息をつくさま
義士ぎし: 人間としての正しい道を堅く守り行う男子

 

{意解}
人生は儚く短いことを嘆いたことばである。

同じように「三国志|曹操の短歌行」に
 対酒当歌   酒に対してまさに歌うべし
 人生幾何   人生、幾何いくばく
 譬如朝露   たとえば朝露あさつゆのごとし
 去日苦多   去る日、はなはだ多し
 慨当以慷   がいしてまさってこうすべし
 幽思難忘   幽思ゆうし、忘れ難し
 何以解憂   何を以ってかうれいをかん
 唯有杜康   杜康とうこう(酒のこと)有るのみ

と詠っている。

幽思ゆうし:深く静かな思い

短い人生、もっと楽な生き方をしてはどうかとすすめている。

織田信長が好んで舞った「敦盛あつもり」を思い出される

敦盛

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,151人の購読者に加わりましょう

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

アフィリエイトフレンズ

最近の投稿

アクセス解析