Blog


jinnsei2

ookiku1


人生は朝露のごとし

ー人生如朝露ー   漢書 蘇武伝
(漢書:百二十巻。前漢の歴史を記録した正史。
後漢の班彪と、その子班固、班昭の撰。)

『漢書』巻54「李広蘇建伝」その中の(蘇武伝)からの出典です。

人生の短く儚いことを嘆いた言葉。

 漢の時代、匈奴(きょうど)に使者として出向いた蘇武は
そのまま捕らえられて北海の地に流される。
蘇武は野鼠や草・実を食糧として飢えをしのいでいた。
しかし、漢の節を守り匈奴に降らなかった。
そこで匈奴に降った李陵という将軍を遣わして、
匈奴への帰順を勧めたとき、このことばが引用されている。


{原文}

人生如朝露,
何久自苦如此!


{書き下し文}

人生は朝露の如し、
何ぞ久しく自ら苦しむこと此(か)くの如きと!


{口語訳}

人の一生は、朝露のようにはかないものなのに、
どうして、このように長く、自分から苦労するのですか!

 タイトルからはずれると思われるが、意気に感じたので、
以降の漢文も載せておきます。

{原文}
武曰 「武父子亡功德 皆爲陛下所成就 
位列將 爵通侯。兄弟親近、常願肝腦塗地。 
今得殺身自效、雖蒙斧鉞湯鑊、 誠甘樂之。
臣事君 猶子事父也 
子爲父死亡所恨 願勿復再言。」 
陵與武飲數日 復曰 「子卿壹聽陵言」 
武曰 「自分已死久矣 王必欲降武 
請畢今日之驩 效死於前」 
陵見其至誠、喟然歎曰、 
「嗟乎 義士 陵與衛律之罪上通於天」 
因泣下霑衿 與武決去。

{書き下し文}
武(蘇武)の曰く、「武の父子は功德亡く、みな陛下の成就する所と爲し、
位は列將、爵は通侯。兄弟親近して、常に肝腦し地に塗(まみ)れるを願う。
今身を殺し自ら效(つく)すを得れば、斧鉞(ふえつ)・湯鑊(とうかく)を蒙ると雖ども、
誠にこれを甘樂せん。
臣の君に事(つか)うること、なお子の父に事えるがごときなり。
子は父の爲に死して恨む所亡し。願わくはまた再び言う勿れ」と。 
陵(李陵)は武と飲むこと數日。 また曰く、「子卿は壹に陵の言うを聽きたまえ」と。 
武の曰く、「自分は已に死して久し。王、必ず武の降るを欲すれば、
今日の驩(かん)を畢(おわ)り、前に死を效(いた)すを請わん」と。 
陵はその至誠を見て、喟然(きぜん)として歎きて曰く、
「嗟乎(ああ)、義士なり。陵と衛律の罪は、上、天に通ず」と。
因りて泣(なみだ)下り衿を霑(うるお)し、武と決して去りたり。

 

人生如朝露

{意解}
人生は儚く短いことを嘆いたことばである。

同じように「三国志|曹操の短歌行」に
 対酒当歌   酒に対して当(まさ)に歌うべし
 人生幾何   人生、幾何(いくばく)ぞ
 譬如朝露   譬(たと)えば朝露のごとし
 去日苦多   去る日、苦(はなは)だ多し
 慨当以慷   概(がい)して当(まさ)に以(も)って慷(こう)すべし
 幽思難忘   幽思、忘れ難し
 何以解憂   何を以ってか憂いを解(と)かん
 唯有杜康   唯(た)だ杜康(とうこう|酒のこと)有るのみ
と詠っている。

短い人生、もっと楽な生き方をしてはどうかとすすめている。

織田信長が好んで舞った「敦盛」を思い出される

敦盛

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools