Blog


jinnsei2

cyakujitu

 

人を恃(たの)むは自(みずか)ら恃むに如(し)かず
ー恃人不如自恃也ー     韓非子 巻第十四 詮言訓 唯嗜魚故不受(公儀休)

韓非子からの出典です。
(二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の選。先秦時代の法家の学を集大成し、
それに韓非の考えを加えたもの。はじめ「韓子」と称したが、宋以後、唐の韓愈と
区別するため、「非」の字を加えた。)

 

{原文}
公儀休相魯而嗜魚。
一国尽争買魚而献之。公儀子不受。
其弟諫曰「夫子嗜魚。而不受者何也。」
対曰「夫唯嗜魚、故不受也。
夫即受魚、必有下人之色。
有下人之色、将枉於法。
枉於法則免於相。
雖嗜魚、此不必能自給致我魚、
我又不能自給魚。
即無受魚而不免於相、雖嗜魚、
我能長自給魚。」
此明夫恃人不如自恃也。
明於人之為己者不如己之自為也。

 

{書き下し文}
公儀休は相魯(魯国の宰相)にして魚を嗜(この)む。
一国が魚を献ずるも公儀休は受けず。
その弟が諌めて曰く「夫子(ふうし)は魚を嗜むも,受けざるは何ぞなり?」
答へて曰く「それ唯だ魚を嗜みて,故(ことさら)に受けず。
それ魚を受けて相を免ぜられば,魚を嗜むと雖も自ら魚を給ふこと能はず。
魚を受くること毋(な)くして相を免ぜられざれば,
側ち長く自ら魚を給ふこと能ふ。」
 
 この話は明らかに他人を頼みにするよりは
自分の力を頼ったほうがよいことを意味する。

また人が自分のためにしてくれる行為をあてにするのは、
自分が自分自身のために行うには及ばない事も明らかである。

 

157

 

{意解}
 人の力を当てにするな、自分の力をたのめ、という。

 昔、魯の国に魚の大好きな宰相がいた。
国中のものが噂を聞きつけて、我も我もと魚を届けてくれる。
だが、宰相は一つも受け取ろうとしない。

 ある者が訳を聞いたところ、こう答えたという。

「いや、なに、好きだからこそ、断るのだ。
受け取れば、世辞の一つも言わねばならん。
やがては相手のために法を曲げることにもなろうというもの。
そんな事をしたら、たちまち免職だ。
免職になれば、いくら魚が好物だからといっても、
誰も届けてくれるものはおるまい。
自分で買って食べることもできなくなるだろう。
 今、こうして断っていれば、
いつでも好きな魚を買って食べれるではないか」

 この宰相のように、「人を恃む」よりも「自らを恃む」ほうが、
安全で、まともな処世術と言えるかもしれない。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools