Blog




逆境を

 

好死(こうし)は悪活(あくかつ)に如(し)かず
ー好死不如悪活ー     通俗編 巻三十八

今回は「通俗編」巻三十八 からの出典です。
(通俗編:三十八巻。清のテキコウの撰。
日常使っている語を集めて分類、出処を明示したもの。
天文・地理・時序以下三十六類に分けている。)

 

{原文}
好死不如悪活

 

{書き下し文}
好死は悪活に如かず

 

kibou

 

{意解}
「好死」とは、立派な死に方、潔い死に方。
「悪活」とは、惨めな生き方、見苦しい生き方。
そんな生き方でも、とにかく生き抜くほうが「好死」に優っているのだという。

日本で言う「死んで花実が咲くものか」に近いニュアンスをもった言葉である。

 少年や働き盛りの青年の自殺、母子心中といった事件が報じられるが、
これほどやるせない思いにさせられる報道はない。

 一般的に言って、私たち日本人は壁にぶつかると、
本能的に死を選ぼうとするのかもしれない。

その点、中国人の生き方は、はるかに逞しい。
どんな苦しみにも耐えて、生きていこうとする。

 一度きりの人生である。
死に急ぐことはないのではないか。
「悪活」でもいい。
とにかく生きてさえいれば、
そんな事もあったなと、笑顔で話せる時節が必ず来るものである。

kibou

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools