Blog




逆境を

 

天を怨(うら)みず、人を尤(とが)めず
ー不怨天、不尤人ー     論語 憲問第十四

今回は「論語」憲問第十四 からの出典です。
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、莫我知也夫。
子貢曰、何爲其莫知子也。
子曰、不怨天、不尤人、
下學而上達。知我者其天乎。

 

{書き下し文}
子日(のたま)わく、我(われ)を知(し)ること莫(な)きかな。
子貢曰(い)わく、何(なん)為(す)れぞ其(そ)れ子を知ること莫(な)からんや。
子日(のたま)わく、天を怨(うら)みず、人を尤(とが)めず、
下学(かがく)して上達(じょうたつ)す。我を知る者は其れ天(てん)か。

*下学:初歩的で卑近なことを学ぶこと。
*上達:高遠な道理に通じること。

 

ten

 

{意解}
 孔子の晩年のことであるらしい。
あるとき、「ああ、私を理解してくれる人はいない」と嘆いた。

それを耳にした子貢という弟子が、
「どうしてそんなことを仰るのですか」
とたずねたところ、孔子はこう答えている。
「天を怨みず、人を尤めず、下学して上達す。われを知る者はそれ天か」
訳せば、
「なにも天を怨むのでも、人を咎めるのでもない。
私は、日常的なものから高遠な道理まで、
ありとあらゆるものの探求を志してきた。
この私を理解してくれるのは、天だけであろうかと考えたまでだ」

 苦しい時や辛い時には、ややもすると自分の責任は棚に上げて、
天を怨み、人を咎めたくなるのが人情の常である。

 だが、それをやっていたのでは、
いつまでたっても進歩がないし、心の平安も得られない。

 そういう時こそ、孔子のこの言葉を思い出したいものである。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools