Blog




逆境を

 

遇(ぐう)と不遇(ふぐう)は時(とき)なり
ー遇不遇者時也ー     荀子 宥坐篇 第二十八

今回は「荀子」宥坐篇第二十八からの出典です。
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。孟子に次ぐ大儒で、
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}
賢夫不肖者、材也。
為不為者、人也。
遇不遇者、時也。
死生者、命也。
今有其人、不遇其時、
雖賢、其能行乎!
苟遇其時、何難之有!
故君子博学深謀、修身端行、
以俟(等待)其時。

 

{書き下し文}
賢夫不肖とは、材なり。
為と不為とは、人なり。
遇と不遇とは、時なり。
死生とは、天命なり。
今有其人有るとも、 其の時に遇わざれば
賢(けん)たり と雖(いえど)も、 其能く行われん乎(かな)。
苟(いやしく)も其時に遇えば”、何の難(かた)きこと之(これ)あらん。
故に君子は博学深謀(はくがくしんぼう)し、修身端行して、
以て其時を俟(ま)つ。

*備考
賢不肖:社会的にはかられる人間の価値を言う。
為不為:ためになること、ためにならないこと。
死生者,命也:人の生き死には天命であり、人の力ではどうすることもできない
雖賢:賢人と雖(いえど)も

 

gu

 

{意解}
 孔子が弟子を引き連れて諸国遊説の旅を続けていたとき、
ある国で政争に巻き込まれ、空きっ腹を抱えて何日も立ち往生した時である。
子路という弟子が、
「君子でも、こんな惨めな思いをすることがあるのですか」と食ってかかったところ、
孔子はこの言葉を引いて子路の不満をなだめたという。

「遇」とは、何をやってもトントン拍子に進むこと、
「不遇」とは、その反対に何をやってもうまくいかないこと。
それは、「時」を得るかどうかにかかっているというのだ。

 誰の人生にも、遇と不遇がついてまわる。
問題は不遇な時の過ごし方だ。

 そんなとき、へんに卑屈になったり、ジタバタ悪あがきをしていたのでは、
将来の展望がない。

 さらに孔子はこう付け加えている。
「身を修め行いを端(ただし)くして、以てその時を俟(ま)て」

 そんなときこそ、じっくりと自分を鍛えながら、
ツキが回ってくるのを待て、というのである。

 
 孔子のような立派な人物でも、
世の中に容れられずに不遇に終わることがある。

 どんなに優れた人物でも、
時勢に合わなければ埋もれてしまうものである。

 その時世に遇いさえすれば、何のむずかしいことがあろうか。
故に君子は、学を博め深く考えを巡らし、身を修め行いを端(ただ)し、
後はただ時世の至るのを待つのである。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools