Blog




逆境を

 

伏(ふ)すこと久しきは、飛ぶこと必ず高し
ー伏久者飛必高ー     菜根譚 後集76

今回は「菜根譚」後集76 からの出典です。
(菜根譚:二巻。明の洪自誠の編。前集では人との交わり、事の治、変に対応する道を説き、
後集では退静閑居の楽しみを論じている)

 

{原文}
伏久者、飛必高、

開先者、謝独早。
知此、可以免蹭蹬之憂、
可以消躁急之念。

 

{書き下し文}
伏(ふ)すこと久(ひさ)しき者(もの)、飛(と)ぶこと必(かな)ず高(たか)く、
開(ひら)くこと先(さき)なる者は、謝(ち)ること独(ひと)り早(はや)し。
此(こ)れを知(し)らば、以(もっ)て蹭蹬(そうとう)の憂(うれ)いを免(まぬが)るべく、
以(もっ)て躁急(そうきゅう)の念(ねん)を消(け)すべし。

*備考
蹭蹬(そうとう):不遇で志を得ないさま
躁急(そうきゅう):いら立ちいそぐこと。せっかちに事を運ぼうとすること。

 

fusu

 

{意解}
「長いあいだうずくまって力を蓄えていた鳥は、
一旦飛び立てば、必ず高く舞い上がる。
他に先駆けて咲いた花は、散るのもまた早い。 
この道理さえわきまえていれば、
人生の途中で疲れ果て勢いを失う心配からは免れることができ、
成功を急ぐ心は消えうせる」

 努力をしても人事を尽くしても、
上手く行かない報われないというのもよくある事である。

しかし、思えば、何の悩みも苦労も体験していなければ、
幸福であることを感じる度合いも少ないのでは・・・と。

問題は、その時期をどう過ごすかだ。

 もっともまずいのは、そんな向かい風が吹いている時に、
焦ってバタバタ動き回ることだ。
そんなことをやっていたのでは、疲れてしまって冷静さも失うもの。

 ピンチの時こそチャンスだという。
逆境の時こそ、
意識改革を考え、知力、体力を養う好機である。

 焦らず騒がずじっくりと力を蓄えながら、
伏すこと久しきは、飛ぶこと必ず高し」と、自分を信じ、

静かに追い風の時を、待ちたい。

大いなる器ほど完成が遅い」(老子)。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools