Blog




逆境を

 

天(てん)を楽しみ、命(めい)を知る、故に憂(うれ)えず
ー楽天知命、故不憂ー     易経 繋辞上伝 第四章

今回は「易経」繋辞上伝(けいじじょうでん)からの出典です。
(「易」「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、
倫理道徳を説いたもの。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられる。
繋辞上伝は易経の中核となすもので、易経の概論を哲学として高め、解説したもの。)

 

{原文}
與天地相似。故不違。
知周乎萬物而道濟天下。
故不過。旁行而不流。
樂天知命。故不憂。
安土敦乎仁。故能愛。

 

{書き下し文}
天地と相似たり、故に違(たが)はず。
知、萬物に周(あまね)くして、道、天下を濟ふ。
故に過(あやま)たず。旁行(ぼうこう)して流れず。
天を樂しみ命を知る、故に憂へず。
土(ど)に安んじ仁に敦(あつ)し、故に能く愛す。

 

tenmei

 

{意解}
易は天地宇宙の変化をそのまま映したものである。
それゆえ易の法則には過ちがない。

易を含む智慧は天地宇宙を網羅しているから、易の道は天下を救うことができる。
それゆえ易と天地宇宙は一体である。

易は真理で広くゆきわたるがさまよわず。
天地宇宙の変化を楽しみ、己の使命(天命)を自覚し受容するのである。
ゆえに目先の現象に一喜一憂しない。

土(天に対する地のこと)自分の境遇に安んじて思いやりの心に満ちていれば、
広く隣人を愛することができる。

 「天」と「命」を合わせると「天命」である。
「辞海」で「命」は「天命なり。按(あん)ずるに古人は毎(つね)に、
人道は天道に基づき、人の禍福、窮通(きゅうつう)、
夭寿(ようじゅ)は皆天の支配する所という」とある。

 昔から中国人は、人間社会のもろもろの現象は、
天の意思の見えない糸によって支配されていると考えてきた。

 それが「天命」であり、「命」である。
故に「命」を自覚することによって、達観とか諦念(ていねん)が生まれ、
さらに進めば悟りの境地に近づいていく。

それで「故に憂えず」━━━━!!変にジタバタしないということになる。

 逆境に陥ったとき、最もまずいのは、ジタバタすることである。
いわゆる悪あがきである。
単に見苦しい醜態を晒すばかりでなく、
これで一層事態を悪化させることが多い。

「天を楽しみ、命を知る」者の強みは、
こういう時に発揮されるのかもしれない。

*禍福:災難と幸福。
*窮通:困窮と栄達。貧賤(ひんせん)と富貴。
*夭寿:若死と長寿。
*達観:目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で    物事にのぞむこと。
*諦念:道理をさとる心。真理を諦観する心。

 この「易経 繋辞上伝 第十二章」の後半に記されている
「是故形而上者。謂之道。形而下者。謂之器。」
(形而上なるもの、これを道といい、形而下なるもの、これを器という)
の一文が「形而上学」の語源といわれているようです。

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


  

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools