Blog




逆境を

 

 

徳慧術知(とくけいじゅつち)ある者は
恒に疢疾(ちんしつ)に存(そん)す

ー有徳慧術知者恒存乎疢疾ー     孟子 盡心章句上 第十八章

今回は「孟子」盡心章句上 第十八章 からの出典です。
(孟子:七篇。戦国中期の儒家孟軻(もうか)の言行や学説を編集したもの。
性善説・四端説・天命説・王道説・仁義は有名。四書の一つ)

 

{原文}
孟子曰、
人之有徳慧術知者、
恒存乎疢疾。

獨孤臣蘖子、
其操心也危、
其慮患也深、
故達。

 

{書き下し文}
孟子曰く、
人の徳慧術知(とくけいじゅつち)ある者は、
恒(つね)に疢疾(ちんしつ)に存す。
獨(ひと)り、孤臣蘖子(こしんげっし)
其の心を操(と)るや危(あやぶ)み、
其の患(うれえ)を慮(おもんばか)るや深し。
故に達(あら)わる。

 

tokukei

 

{意解}
「徳慧」とは、立派な人格、
「術知」とは、素晴らしい才能。
「疢疾」は艱難。
故に、立派な人格と素晴らしい才能を併せ持った人物というのは、
艱難辛苦の中で磨かれてくるものだ、という意味になる。

 恵まれた環境の中で、苦労も知らずにヌクヌクと育つのは、
人間形成の上から言うと、あまりプラスにならないということである。

「孟子」は、「疢疾」の例として、
孤臣(こしん)と蘖子(げつし)をあげている。
孤臣とは組織の中で格別の後ろ盾を持たない家臣、
蘖子とは妾腹の子である。

彼らはいずれも自分の立場の弱いことをわきまえ、
諸事に細心の注意を払っているので、
知らぬ間に「徳慧術知」を身につけていくのだという。

 「孟子」の言うことにも、確かに一理を感じるが、
中には「疢疾」に押しつぶされてしまう者も少なからず、
━━━━!!楽観はできない。

できれば、「疢疾」を肥やしにして
自分を成長させていく逞しい精神を身につけたいものである。

*備考

 性善説:人間は生まれながらにして善であるという思想。

 四端説:誰もが持っている4つの心。仁・義・礼・智の徳。

 天命説:民の意思を通して示される。民がある人物を天子と認め、
     その治世に満足するかどうかによって天命は判断されると説く。

 王道説:孟子は古今の君主を「王者」と「覇者」とに、
     そして政道を「王道」と「覇道」とに弁別し、
     前者が後者よりも優れていると説いた。

 仁義:孔子は仁を説いたが、孟子はこれを発展させて仁義を説いた。
    (義とは正しい道理のことで,仁を実現するための具体的な行動基準。)

 

 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)


  

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools