Blog


jinnsei2

ookiku1

人生、一分(いちぶ)を減省(げんせい)せば、
すなわち一分を超脱(ちょうだつ)す
ー人生減省一分、便超脱一分ー   菜根譚 後集131項
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

 

{原文}
人生減省一分、
便超脱一分。

如交遊減便免紛擾、
言語減便寡愆尤、

思慮減則精神不耗、
聡明減則混沌可完。

彼不求日減而求日増者、
真桎梏此生哉。

 

{書き下し文}
人生(じんせい)は、一分(いちぶ)を減省(げんせい)せば、
便(すなわ)ち一分を超脱(ちょうだつ)す。
如(も)し交遊(こうゆう)を減(げん)ずれば便ち紛擾(ふんじょう)を免(まぬが)れ、
言語(げんご)を減ずれば、便ち愆尤(けんゆう)寡(すくな)く、
思慮(しりょ)を減(げん)ずれば、便ち精神(せいしん)を耗(こう)せず、
聡明(そうめい)を減ずれば、則(すなわ)ち混沌(こんとん)完(まったく)す。
彼(か)の日(ひ)に減(げん)ずるを求(もと)めずして、日に増(ま)すを求むるは、
真(まこと)に此(こ)の生(せい)を桎梏(しつこく)するかな。

* 紛擾(ふんじょう)/もめ事、ごたごた、紛争。
* 愆尤(けんゆう)/過失。
* 混沌(こんとん)/区別の無い世界。カオス。
* 桎梏(しつこく)/手かせ、足かせ、束縛。

kaosu

kaosu3

 

{意解}
「この人生では、なにごとにつけ、減らすことを考えれば、
それだけ俗世間から脱け出すことができる。
たとえば、交際を減らせば、揉め事から免(まぬが)れる。
口数を減らせば、非難を受けることが少なくなる。
分別を減らせば心の疲れが軽くなる。
知恵を減らせば本性(ほんしょう)を全うできる。
減らすことを考えず、増やすことばかり考えている者は
この人生をがんじがらめにしているいるようなものだ」
と「菜根譚」は言い、

雑用ばかり増やして忙しがっている人は
「なんと哀れな者よ」という。
 
現代社会の歯車の中で(柵の中で)生きている私たちは、
人間関係を充実させることを思い煩い、
老いた俗人は饒舌(じょうぜつ)ゆえに陰口を言われ、
半端な思考ゆえに軽視され、因って疎まれる。

減らすことは難しく、苦痛に感じるかも知れない。
しかし、減らすことが少しでもできれば、
精神のストレスも減り、
自分を客観視できる時間も増え、
それが、
人生の達人に近づける道なのかもしれない。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

[決定版]菜根譚


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools