Blog


jinnsei2

ookiku1


鷦鷯(しょうりょう)、深林に巣くうも一枝(いっし)に過ぎず

ー鷦鷯巣於深林不過一枝ー   荘子
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

 

{原文}
鷦鷯巣於深林不過一枝

 

{書き下し文}
鷦鷯(しょうりょう)、深林に巣くうも一枝(いっし)に過ぎず

鷦鷯巣於深林不過一枝

 

{意解}
みそさざえという鳥は、
林の奥深くに巣を作るが、
使うのは一本の枝に過ぎないというもの。

「偃鼠(えんそ)、川に飲むも満腹に過ぎず」
カワウソは黄河の水を飲むけれども、
腹いっぱいになるだけあれば十分だ。

と荘子は続けています。

これは許由(きょゆう|賢人)が聖天子の堯(ぎょう)より
天下を譲ると言われた時に
引用して断った言葉です。

 人は皆、欲があり利益を見せられると
つい手を出したくなるものです。
欲に目がくらみ
一喜一憂する人生を送りがちに思われます。
 欲は、人皆にあることで、
誰もそれを笑うことはできません。

 この「荘子」の言葉を思い出して、
自分の人生を鑑みる事も
心の平常心を保つのに役に立つと思います。
心のスキルアップ

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

荘子 (中国の思想)


あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools