Blog




 

信言は美ならず、美言は信ならず
ー信言不美、美言不信ー     老子 第八十一章

今回は「老子|道徳経 第八十一章」よりの出典です。
(二巻八十一章。人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている)

 

{原文}
信言不美、美言不信。
善者不辯、辯者不善。
知者不博、博者不知。
聖人不積、既以爲人己愈有、
既以與人己愈多。
天之道、利而不害。
聖人之道、爲而不爭。

 

{書き下し文}
信言(しんげん)は美ならず、美言(びげん)は信ならず。
善なる者は弁(べん)ぜず、弁ずる者は善ならず。
知る者は博(ひろ)からず、博き者は知らず。
聖人は積(つ)まず、既(ことごと)くもって人のためにしておのれいよいよ有し、
既くもって人に与えておのれいよいよ多し。
天の道は、利して害せず。
聖人の道は、なして争(あらそ)わず。

r81

 

{意解}
真実の言葉は苦く耳に快く響かない、飾り気のある耳に快い言葉は真実味がない、
という意味だ。
「老子」の逆説的表現である。
しかし、現実問題として、
信言と美言を判断するのは、容易ではない。

 美言の代表は、お世辞である。
歯の浮くようなお世辞、見えすいたお世辞、
これはすぐにでも判断がつく。

しかし、巧妙なお世辞になると、
ついついその気になってしまう。

 お世辞ならまだ実害が少ないので、まだ良いが。
問題は甘い言葉に隠された真意である。

男女の恋愛関係になると、
一生に多大な影響を与えることもありえるし、
お金も絡めば、心身共に打ちひしがれる。

「美言は信ならず」「老子」のこの言葉を
忘れず肝に銘じておくべきでしょう。

以下原文訳
優れた人はしゃべりたてることはしない、言葉巧みな者は優れた人ではない。
賢人は物知りではない、物知りを自慢顔の人は賢い人ではない。
聖人は自分のために蓄財などしない、彼は他人のために生きて、
自らはますます豊かに富む。  
彼は他の人々に与え続けて,自らはますます豊かな物(心)であふれていく。
天の「道(タオ)」は、(万物を)祝福し,害しない。
聖人の道(聖人が踏み行う生き方)は,成し遂げられても,他人と争うことをしない。

 

 私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(判断)をしている
その折々に、思い出し
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も、ありたいですね。




あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools