free web hit counter

 

Blog

jinnsei2 ookiku1


ときやすんじてじゅんれば、哀楽入あいらくいあたわず

ー安時而処順、哀楽不能入也ー   荘子 養生主篇第三の五
(荘子:三十三編。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。荘周の選。
外編・内編・雑編からなり、内編七編以外の大部分は、後人の仮託になるものといわれている。
「南華新経」ともいう。)
 

{原文}
安時而処順、
哀楽不能入也

 

{書き下し文}
時に安(やす)んじて順に処(お)れば、
哀楽入る能(あた)わず

 

souji

 

{意解}
流れに逆らわない、 自然な生き方を擁護する考え方である。
時のめぐり合わせに身をまかせ、自然の流れに従って生きるなら、
悲しみにも喜びにも心をかき乱されることはない、と言っている。  

当時の儒家の人達が 「修身、治国、平天下」 と

奮起していることに対しての 、
荘子の「そう力まないで」 と往(い)なした言葉である。  

 会社等で、 ノルマや目標に追い立てられて
あくせく生きることだけが 人生ではない。
もちょっと、 のんびりと人生を楽しむことも 必要だと!

努力、精進は勿論必要ですが・・・
充実した人生を考えるときに
この「荘子(そうじ)」の 思考の必要性も大きく感じる。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

土地活用!無料提案

Amazon.co.jp

Facebook

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools