Blog




 
胆は大ならんことを欲し、心は小ならんことを欲す
ー胆欲大而心欲小ー   近思録
(近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト。)

 

{原文}
胆欲大、而心欲小

 

{書き下し分}
胆は大ならんことを欲し、心は小ならんことを欲す

胆欲大而心欲小

{意解}
胆力(肝っ玉)は大きく、心は小さく、大胆かつ細心(慎重)であれ、という。

う~ん、矛盾しているように思えるかもしれない。が
何事においても、この両面を持ち合わせていないと、
成し遂げることはできない。

どんな仕事にも山あり谷あり、善い時も、
そして悪い時にもめぐりあう。
そんなときに必要とされるのが、困難にも負けない精神力、
それが「大胆」ということ。

しかし、「大胆」であれといっても、無鉄砲では困る。
それではむしろ自滅の道をたどりかねない。

 「大胆」であり、かつ繊細な調査、慎重な思考、
そして細心の配慮が必要である。

この二つの条件を身につければ、
大抵の事は成し遂げることは可能に思える。


中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools