Blog




 
彼を知り己を知れば、百戦して殆(あや)うからず
ー知彼知己、百戦不殆ー   孫子 謀攻篇
(孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書。)

 

 

{原文}
全國爲上、破國次之。
百戰百勝、非善之善者也、
不戰而屈人之兵、善之善者也。
知彼知己、百戰不殆。
不知彼而知己、一勝一負。
不知彼不知己、毎戰必殆。

 

{書き下し分}
国を全うするを上と為し、国を破るは之に次ぐ。
百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。
戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
彼を知り己を知れば百戦殆うからず。
彼を知らずして己を知るは一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。

知彼知己

{意解}
 有名な一文なので、とりたてて意を解する必要もないかもしれない。
何事においても、主観的、一面的に判断をしてしまうことを戒めたことばである。

 ことさらに、「孫子」にいわれなくても、事前調査の必要性、
そして自己能力の把握が重要なことは誰でも理解している。が、
頭で理解していても、実行の段階になると、其れが難しい。
事後に後悔の念に臍をかむ事が、なんと多いことか。
その理由に、
・ 「彼」に対しての調査不足、
・ 自己能力に対しての認識不足
・ 楽観的(主観的)観測
・ 一面的な思い込み
等の理由で判断を誤ることが少なくない。

 何か事を始めるときには、可能な限り調査し、
客観的に判断する冷静さが必要だろう。

なお、負けない、失敗しないということは、
必ず勝つ・成功するということではなく、 

本当に現状を客観的に理解できれば、
避けるべき時は速やかに避け、
時機を見て為すべき時に為し、
不足している所があればそれを補って後に為す、
故に百戦しても危うからずと云いきっている。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

あわせて読みたい関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ナオンの言葉の散歩道

お願い

画像の説明文

最近の投稿

最近のコメント

    アクセス解析

    Ninja Tools